7月16日 及川音楽事務所 フレッシュガラコンサートのご案内

皆さま、6月も残り少なくなりましたが、お元気にお過ごしでございますか。

空梅雨のようですが、そろそろ本格的な雨が降りそうですね。

 

今週も色々な事がございました。

 

先日、末広町の鰻の老舗 久保田 にご招待頂きましたが、何と、今年の5月で創業120年との事でした。

小説にも久保田の鰻店は登場致しますが、まさか、120年間、3代に渡り、その味を受け継がれてきたとは、信じがたかったです。

お味はとても美味しく、浜松で頂く鰻とは味付けが違い、少し辛口でたれがさらっとしていましたが、さすがに長年受け継がれているだけあり、立派な鰻でした。

芸術家のファミリーとの交流は、とても刺激的で楽しかったです。

 

女将さんは、とても素敵な方ですが、声が響く方だと思いましたら、学生時代、朗読のコンクールで優勝されたり、演劇部に所属されていたとのこと、やはり声の出し方が違いました。

 

私も初対面の方たちから、「あなたはとても綺麗なお声でいらっしゃいますね。」とおっしゃってもらえる事が多いのですが、とても幸せな気持ちになります。

声が響きますと、心も明るくなりますね。

 

ところで、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー 小林麻央さんの死去のニュースに大変ショックを受けましたが、お子さまたちのご成長をずっと天国から見守って下さる事でしょう。

海老蔵さんのご心痛を思いますと、歌舞伎役者のお仕事の責任は大変な事だと思いますが、何とか頑張って欲しいと思います。

 

丁度10年前の事ですが、実父の他界した翌日に東北での公演のために出掛けた経験がございます。

天に逝った父に届くように、必死で演奏してくれた子供たちのことをふと思いだしてしまいました。

 

さて、来る7月16日(日)13:30開演(13:15開場)、文京シビックホール 小ホールにて、及川音楽事務所主催 フレッシュガラコンサートに出演させて頂きます。

 

レ・クロッシュのリサイタルだけではなく、7組のアーティストたちが楽しく演奏を繰り広げて下さいます。

今回のコンサートは、ピアノソロが4名、サクソフォンが2名 そして、レ・クロッシュは、最後に演奏致します。

レ・クロッシュは、30分の演奏時間となります。

 

もし、ご興味のございます方たちは、是非メール又はお電話にてご連絡下さい。

 

料金は、2000円となりますが、ファンクラブ会員の方は、1割引きとさせて頂きますので、1800円となります。

 

下記のメールアドレスまで、その旨をお知らせ下さい。

 

ヨーロッパ アーティスト E−mail :  contact@europa-artist.com

 

先日もご案内させて頂きましたが、7月14日(金)は、ホテル グリーンプラザ箱根 にて、ロビーコンサート&ファンの集い を開催致します。

1泊2日の行程となりますが、温泉につかってからの音楽鑑賞も気持ちのよいものです。

 

ファンの皆さまのお越しをお待ち申し上げます。

 

ファンクラブ会員の方だけではなく、一般の方のご参加もお待ち申し上げます。

ご希望・ご質問の方は、上記のヨーロッパ アーティストのメールアドレスまでお送り下さいませ。

 

明日は、銀座のヤマハホールに伺います。

イタリア声楽曲研究会の歌声を拝聴させて頂くのを楽しみにしています。

 

では、皆さまお元気にお過ごし下さい。


今週の出来事

皆さま、お元気ですか?

梅雨入りしていますのに、今週は雨があまり降りませんでした。

来週は、雨の降る日が多いようです。

 

今週もまた大忙しの毎日でした。

とても有意義に過ごす事が出来ましたが、来週も相変わらず毎日外出日ばかりです。

 

6月11日は、新宿区の合唱祭でした。

何と新宿区には50ものコーラスがあるそうです。驚きです!

47組がご出演致しましたが、私は後半聴きに参りました。

 

私の友人のYさんは、Rのコーラスにご出演されただけではなく、実行委員として、合唱祭のご準備やアナウンスなどもされて、さぞ大変だったと思いますが、とても晴れ晴れとした明るい笑顔で頑張っていらっしゃいました。

彼女の笑顔は魔法の笑顔のようで、コーラスの皆さんも自然と笑顔になり、素敵な歌を聴かせて下さいました。

 

コーラスのメンバーの中には、5名ものレ・クロッシュのファンクラブ会員の方たちがいらっしゃるので、とても身近な気がしました。

他のコーラスよりも会場内がとても響いていたと思います。

指揮者のW先生あってのコーラスだと実感致しました。

発声が正しいと日本語が聴きやすいですし、心から楽しむ事が出来ます。

 

日本人の教育が行き届いているせいもあると思いますが、コーラスをされている方が本当に多いと思います。

これは、大変素晴らしい事ですね。

心が明るくなりますし、精神衛生上とてもよいと思います。

 

今週も友人たちとランチをすることが多かったですが、大学の友人とランチをしますと、とにかく話が尽きないのです。

お互いに刺激し合う事が出来、楽しい素敵な時間を過ごす事が出来ました。

 

ところで、6月16日は、私共の結婚記念日でした。

もう、何と38年にもなってしまいました。早すぎます〜

これからもずっとお互いに元気でありたいと願っています。

 

家族が元気であってくれたら、もう何も望むものはありません。

平穏無事に生活できる事を心から感謝しています。

今は、世界平和を一番望むところですが、私の力ではどうすることも出来ません。とにかく祈るばかりです。

 

結婚記念日の前日は、前夜祭のディナーを楽しみました。

素敵なプレゼントも子供たちからもらって、温かい気持ちになりました。

キッチンのフローリングの床にピッタリあつらえてくれた、素敵なカーペットのプレゼントを嬉しく思いましたが、まずは、ピカピカに掃除をしてから、敷きたいと思います。

 

そして当日は、家族でまず息子が決めてくれたレストランでのランチで乾杯をし、夜は珍しくナイターを観に行きました。

折角東京ドームまで行きますので、小石川後楽園のアジサイを観賞したり、宇宙ミュージアムに行きましたが、このミュージアムは、素晴らしかったです。

応援しているチームが8−0で勝ちましたので、夜道がとても気持ちよかったです。

 

勝つことは嬉しい事ですが、チームの団結力、責任ある行動、努力を惜しまない事、精神力の強さなど、野球選手から学ぶことが多いです。

毎回すごいドラマがありますから、興奮したり、驚いたりの連続です。

音楽の世界も大変だと思いますが、スポーツの世界は体力勝負ですから、年齢と共に厳しいものがあるにもかかわらず、本当によく頑張られると思います。

 

そして、明日は父の日ですから、またイベントです。

双方父は他界しましたので、夫が子供たちから感謝される日ですが、今の時代、感謝してもらえる人がいらっしゃらなかったり、感謝する人がいらっしゃらなかったり、色々な環境の中で、イベントが必ずしも素敵な日にならない方もいらっしゃると思いますが、楽しい一日をお過ごしになって下さい。

 

来週は雨の日が多い予報ですが、素敵な一週間でありますように!


7月14日(金)ロビーコンサート&ファンの集いのご案内!

皆さま、お変わりございませんか。

関東地方は、梅雨入りしたそうですが、まだ梅雨らしくはありません。

梅雨の時期には、しっかり雨が降ってくれませんと、農作物の影響がありますから、我慢ですね。

湿度の高いのは苦手です。

ヨーロッパは、年中乾燥していますので、余計に堪えるのかも知れません。

 

6月に入ってから、一日として家にいることはありません。

とにかく、毎日予定が入り、多くの方たちとランチをしたり、コンサートに出掛けたりして、充実した日々を送っています。

時間的余裕のある時は、なるべく母のところに顔を出していますが、私自身が元気でいられる事を感謝しています。

 

東京公演が終わりましてからも、6月と7月のパリに戻る日までの間に、3公演ほど新たにコンサート予約を頂きました。

多くの方たちに、レ・クロッシュの演奏を聴いて楽しんで下さいますと幸せです。

 

ところで、7月14日(金)は、「レ・クロッシュ ロビーコンサート&ファンの集い」をホテル グリーンプラザ箱根にて開催致します。

ファンクラブの方たちには、「ファンクラブ会報2017年春号」にて、ご案内致しておりますが、午後7時半と午後8時半のコンサートのあとに、お部屋にて、茶話会を致す予定です。

ホテルでは、週末のコンサートは開催していないという事で、昨年も金曜日に開催致しました。

そのため、ご無理があるかも知れませんが、東京から近い事、夜の開催ですので、もしお時間のある方は、ファンクラブ会員になられていない方も是非ご参加下さいませ。

 

支配人様のご協賛により、1泊2食付き、通常価格:16150円〜 のところを、特別価格:13000円(税込み)と格安料金となります。

 

春の東京公演とはまた違った雰囲気で、お夕食を終え、温泉でのんびりしたあとに、演奏を聴いて頂けますと幸いです。

露天風呂からの富士山は最高です!

ですから、浴衣で寛いで頂きながら鑑賞が出来ますので、これは、他では味わう事が出来ません。

 

もし、ご参加ご希望の方は、ヨーロッパ アーティストのHPからの問い合わせをご利用下さいますか、又は、下記のヨーロッパ アーティストのメール又は電話でその旨をお知らせ下さいませ。

7月2日(日)が締め切り日ですので、お早めにご連絡下さい。

それにつきましてのご質問もご遠慮なくどうぞ。

折り返し、ご連絡させて頂きます。

たくさんの方のご参加をお待ち申し上げます。

 

E-mail: contact@europa-artist.com

 

Tel.042−376−0360

 

では、梅雨でも、明るく過ごしましょう!

 


日本のミケランジェロ!

30度を超す日が多くなりましたが、皆さまお元気でいらっしゃいますか。

 

レ・クロッシュの東京公演が終わりましたので、5月20日から亡き父の大好きだった軽井沢の別荘の大掃除に参りました。


夏のバカンスを快適に過ごすためには、まず大掃除をする必要があるからです。
今年は母の体調が安定していますので、何とか夏に連れて行ってあげたいと思いましたが、一緒に出掛けて行っての大掃除は無理ですので、まずは今回先に行き、丁寧に磨いてきました。
高いところの作業は、夫と息子に任せました。


ところで、掃除がほぼ終わったところで、今回は、”日本のミケランジェロ”と呼ばれている、江戸末期の石川雲蝶という木彫りの名工の作品を一度は観たいと思い、新潟の魚沼市に足を伸ばす事に致しました。

 

何度か写真集を観て、永林寺の欄間の「天女の透かし彫り」の本物を是非観たい、と強く思い、石川雲蝶の彫刻を観に永林寺に行きました。
本当に人間業とは思えないような、想像以上の作品ばかりでした。


永平寺だけではなく、西福寺、龍谷寺、長恩寺などにも作品が残されています。

 

何故、永平寺にこれほど作品が残されているのかと思いましたら、ばくち好きな雲蝶に、仕事の依頼者である、当時の弁成和尚が、「雲蝶が勝ったら金銭を支払い、弁成和尚が勝ったら、永林寺の本堂一杯に力作を手間暇惜しまず制作する」と約束をし、結局、この賭けに弁成和尚が勝ちました。
そのために、1855年に、雲蝶は、永林寺に訪れたそうです。
13年という月日をかけて、欄間をはじめとする彫工や絵画など、100点以上残されていました。

 

全くただただそのすばらしさに驚きました。

 

そして、この1週間、新緑の自然にもたくさん出会えて、とても幸せでした。


露天風呂では、ゆっくり我が人生を振り返り、もっと知識を増やし、感動する経験をたくさんしたいと強く思いました。
そして、レ・クロッシュ リサイタルで感動して下さいましたファンの方たちに心から感謝し、今後、より素敵な演奏が出来ますように、心の栄養になるような経験をたくさん積んで欲しいと願いました。


「美」は、自然の美も大好きですが、人間の脳で作りだした人工の美も素晴らしいと思います。

 

うぐいすやカッコウの囀りを聞いていると、昔の人たちが、その美しい小鳥の囀りを楽器で演奏したくなったのかも知れません。

川の水音をじっと耳を澄まして聞いていますと、ピアニシモという音をどのように表現し、演奏すべきなのかが分かってきます。

自然から作りだされる音、野鳥や小鳥の囀りの音、これらは音楽の原点であり、より自然体で自然の音に近く表現できるようになることがどれだけ大切であるかをを学ばしてもらいました。

 

まさに、フランスの印象派そのものですね。

 

ラヴェルの「水の戯れ」は好きな曲ですが、技術を学ぶことはもちろんですが、水そのもの音を聴きながら、自分でその水の音を耳で聴いた音を脳で記憶してイメージしながら、より水に近い音を作り出していく作業に時間を掛けるべきだ、と感じました。

 

声も同じですね。
教会でオラトリオを聴く事がフランスに渡ってから大好きになりましたが、天を想像し、天まで届くような澄んだ声で歌って下さると、心にいつまでも響いてきます。

 

音楽を学ぶことは、美しく素晴らしい事ですね。
自分なりに研究を続けて行きたいと思います。


楽しい休暇を過ごす事が出来ましたので、すっかりリフレッシュ出来ました。


東京でも充実した毎日を送りたいと思います。

 

では、皆さま、今週も素敵な一週間でありますように!

 


レ・クロッシュのファンの皆さま、有難うございました。

今日は気温が高く、急に夏のような気候でした。

皆さま、お変わりございませんか。

 

5月16日(火)レ・クロッシュ リサイタル 〜ニューアルバム記念コンサート〜におきましては、大変お世話になりました。

ファンの皆さまに、心よりお礼申し上げます。

 

当日の拍手、ブラボー!スタンディングオベーションで、もうそれだけで十分満足でしたが、翌日からは、ファンからの電話やメールでの感嘆の声を聞く事が出来て、本当に胸がいっぱいになりました。

心から感謝する、というのは、こういう事なのだと思います。

 

たくさんの方たちがお言葉を下さいましたので、その中の一部をご紹介させて頂きます。

 

S楽器店長様は、前回もレ・クロッシュの演奏を聴いて同じ気持ちになりましたが、「音楽に携わる仕事をしていて本当によかったなぁ」と心から思いました。

とメールを下さいました。

これは、とても有難いお言葉です。

 

以前にも、ロビーコンサートに出演させて頂きました折に、「レ・クロッシュのような演奏家が演奏してくれると、お客さんはみんな音楽好きになっていくと思うんだけれど、ほとんどが面白くない音並べだけで心あらずの音楽をするから、みんな段々鑑賞するのが嫌になってくるんだよね。」と言われて、考えさせられた事があります。

 

「楽しかったな!」「また聴きたいな!」と思える音楽つくりに心がける事が大切なのだと感じます。

 

私の小学校の時の学習塾の塾長で、私が大学時代に同じ学習塾の講師をしていた関係もあり、元塾長は85歳でいらっしゃいますが、毎年レ・クロッシュ リサイタルを心待ちして下さっているお一人です。足もあまり動かない状態ですのに、レ・クロッシュの大ファンで毎日CDを聴いて下さっている方ですので、頑張って調布から上野まで電車に乗っていらして下さいました。

15年間、音楽ファンをたくさんお誘い下さいます。

 

終演後に、「来てよかった!もう来年は体が動かなくて今年が最後かもしれないけれど、これで悔いは残らない。こんなに美しい温かい音楽を聴く事が出来たんだから。本当に僕は幸せです。」とおっしゃって手を握りしめて、お帰りになられました。

 

声楽家のT様は、先月の南麻布セントレホールのランチタイムコンサートの折に、「素晴らしい才能です。久々に感動致しました。」とおっしゃって、先日の東京文化会館にも足を運んで下さいましたが、「お二人のアンサンブルの息があって音楽に温かい風が吹いていたと友人たちが喜んでおりました。わたくしも、長いフレーズが自然に奏でられておりましたので、1日の疲れが癒され至福の時を過ごすことが出来ました。」とメールを下さいましたが、確かに声楽家らしい感想だと思いました。

 

私もいつも肺がもっともっと大きかったらいいのに、とよく思います。

もっと長いフレーズで歌いたいのですが、人間の肺の大きさは限られていますから無理です。

呼吸法を熱心に勉強しましても、限界があります。

その点、チェロの方が息ではなく、弓が息の役目として弾いていきますから、人間のフレーズよりも長く伸び、長いフレーズを作りやすいと思います。

しかし、息子は、弓をどこでどれくらい使っていくのかを緻密な計算のもと、弓の運びを考えるので、それはとても大変な作業のようです。

きちんと弓の長さを考えながら、音量や音質が芸術的に聴こえてこなければならないわけですから、とても大変な事だと言います。

 

ですから、公演の翌日、チェリストの方は、声楽曲の運指を決めるのに、どれだけの時間が掛かるかを理解していますので、よくあれ程高いレベルで綺麗に曲が仕上げられた事に感心しています。シューベルトのアルぺジョーネソナタは圧巻というかもう驚きでした!」とメールを下さいました。

そして、翌々日には、チェロを制作される方からも、同じようなメールを下さいました。

聴く方は声楽曲ですから、簡単に聞き流していますが、チェリストがそれをしようとすると大変な事ですよね、と。

 

これは、チェロを知っている人ほど、歌曲をチェロ曲にする作業がどれだけ大変なのかを理解しているからこそ、驚かれるのでしょう。

 

ピアノにつきましても、「真紀子さんの弾いたピアノは、キラキラする特別なピアノなのですか?それとも弾き方に無理がないから、音楽つくりのセンスがよいから、ああいう音が出るのでしょうか?」という筆問がファンから出ました。

ピアニストにとりましては、最高の褒め言葉ですね。

キラキラした音色に到達できていたとしたら、本当に神に感謝です!

 

専門により演奏の聴き方も違うものですが、だから色々な意見があって楽しいのでしょう。

自分の知る世界の中で、色々感じ取って下さるのだと思います。

 

福島の須賀川からE様とW様は新幹線で聴きにいたして下さいました、須賀川公演の折の主催者であり、声楽家でいらっしゃいますが、レ・クロッシュの二人をいつも我が子のように可愛がって下さり、私の事もいつも支えて下さる、心優しい方なのですが、東京文化会館の入口前に開演前に人がずらっと並んでいたそうなのですが、「『こんなにたくさんの方たちがレ・クロッシュの演奏を聴くために集まって下さったのね』と何だか皆さんに、『有難うございます』と頭を下げて回りたかったけれど、さすがに止めました。」とお話になりましたが、その一言で、E先生はもう家族だわ、と感じました。本当にその優しさが嬉しいです。

 

私の友人たひも心から応援して下さり、まるで身内のような関係になってしまっている方もいらっしゃいます。

コンサートの集客のためにも、たくさんの方たちにお声を掛けて下さり、コンサートが終わりましたからも、皆さまからの感想をメールで次から次へと報告して下さるのです。

何だか胸がいっぱいになってしまいます。

 

それから、仙台公演の主催者ご夫妻もやはり新幹線でお越し下さり、何だか申し訳ない気持ちが先に立ちますが、とても感激して下さり、終演後、「泣いてしまいました。」とおっしゃって下さいました。

翌日には、「やっぱりレ クロッシュのお二人は、他の演奏家が持ち得ない何かを持っていらっしゃると思います。」とメールを下さいました。

まだまだ未熟で、これから研鑽を積んでいかなければならない身のレ・クロッシュの二人ですが、このような形で応援下さる事、このようなファンの方たちにいつも囲まれていること、もうそれだけで、コンサート活動をしていた事が、どれだけ、私たちを幸せに導いて下さったのか、その強い絆に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいなのです。

 

他にも数えきれないほどの嬉しいメールばかりで、毎日浸っている今日この頃です。

 

温かい言葉を励みにして、毎年、初心を忘れず、一つずつ確かな芸術の道を歩んでもらいたいと願うばかりです。

 

ファンの皆さま、15年間という道のりは長かったような短かったような、実はよく分からないのですが、これほど愛をもらってよろしいのでしょうか…

 

東京公演のあとは、もう幸せの絶頂です。

とにかく、心から皆さまに、「ありがとうございます!」

 

明日から1週間、軽井沢の掃除やベランダのニス塗りなどの作業に行きます。そして、中休みということで、息抜きに新潟の温泉旅行に参ります。

母がもう一度だけ今夏別荘に行きたい、という強い要望がありましたので、親孝行をして、夏に心地よく居れますように、まず綺麗にしてあげたいとおもいます。

 

私は、皆さまの熱い愛を噛みしめながら温泉に浸かりたいと思います。

 

来年も5月に東京文化会館でコンサートを開催させて頂けるそうです。

東京文化会館から連絡が入りましたが、まだ日程は調整中との事です。

倍率がとても多いとのことで、コンサートを毎年させてもらえる事だけで有難いと感謝しなければならないのでしょう。

 

では、最後にもう一度言わせて下さい。

皆さまの愛に心から感謝申し上げます。

 


明日はよろしくお願い致します

今日は曇り空ですが、明日は晴れそうですので、安堵しています。

 

皆さま、お変わりございませんか。

 

明日は、東京文化会館 小ホールにて、「レ・クロッシュ リサイタル」を開催致しますので、よろしくお願い致します。

 

折角チケットをご購入下さいました方でも、ゴールデンウィークのあとは、仕事が山積みで、休憩時間ぐらいに何とか行けるかもしれません、という方もいらっしゃいますし、そこまで大変な思いをして足を運んで下さいますファンの方たちに心から感謝申し上げます。

 

今電話で、受験時に声楽を習っていたS先生がご友人とお越し下さるご予定ですが、コンサート始まってからの皆勤賞でした。

最初は、10人位芸大の時の友人と一緒にいらして下さっていたのですが、もう85歳にもなると、夜が厳しいそうです。

S先生は、ご主人さまが末期がんのため、夕飯時に医科歯科大学病院に行き、点滴だけで病院食は何も召し上がらないので、先生お手製のメニューを持って毎日病院に通われているそうです。

それでも一口しか召し上がれないそうです。

明日も夕飯の時間に行き、担当医にご挨拶してから東京文化会館に直行するので、もしかしたら少し遅れてしまうかもしれないけれど、入れて下さるかしら?と質問をされました。

 

もちろん、休憩時間を待たずに、一曲ずつ会場に入れるように、ホールの打ち合わせ時に申し上げますから大丈夫ですよ、とお応えしましたが、すごい方だとただただ感心してしまいました。

そこまでして、レ・クロッシュのリサイタルにお越し下さるとは…

いつも温かく見守って下さる素敵な優しい先生ですが、「伴侶が病気になってしまうと、本当に大変なものですよ。」とおっしゃいました。

本当にこういう事態でも気にして下さる事に心から感謝しています。

 

15年間の東京公演を振り返りますと、色々な事がございました。

この15年が長かったような短かったような不思議な気持ちです。

 

2002年の東京公演は、私の元生徒が並んで抽選をして、ルーテル市ヶ谷ホールを押さえてくれました。

まだ、ほとんどパリの生活が中心でしたので、全く日本の様子も分からず、頼りっぱなしでした。

 

そこでの面白いエピソードは、影アナもやはり元生徒の声楽家にお願いしましたが、アナウンスが終わって、戻って、客席のライトが消えた時です。「あの、直彰さん、その靴でよろしいんですか?」とアナウンスをして下さった、Kさんが驚いた顔をしたので、周囲にいた人たちは一斉に直彰の足を見たのですが、何とリハの時に履いていたスニーカーのまま、衣装だけがステージ衣装で、大慌てで履き替えた事がありました。

でも、一度失敗をすると、そのあとは気をつけるものですね。

 

横浜での公演の時は、狭い控室でしたので、着替えた洋服を、リハが終わってデスクに置いた楽譜の上にうっかり乗せてしまって、ピアノソロが終わり、またデュオを演奏、という時に、楽譜を準備しようとしましたら、さっき練習したはずの伴奏楽譜があちらこちら探しても見当たりません。

さあ、大変!もう、休憩時間でもないのに、探し当てるまでしばらくお客様にお待ち頂いた事もあります。

 

私は譜捲り担当で、ピアノの隣に椅子を設置してもらい、本番を迎えるのですが、リハ時間には、孫の世話をしなければならくて、バタバタしていましたら、本番に椅子に座った途端、「ピ〜〜」と鳴ってしまうのでビックリした経験があります。

座っているふりをして、最後の曲まで結局椅子には座れませんでした。(笑)

 

全日本ピアノ指導者協会の専務理事の福田成康さまとランチをしながら、コンサートについて、色々雑談をしていたのですが、「宇宿先生、日本のクラシック業界は大変ですよ。1年目は宇宿先生のお子さまはどんな人?と興味本位で、親族や知人は寄ってくる、次の年は、もう半数はお子さんの演奏聴いたからわかったわ、と言っていらっしゃらなくなり、5年後には、親族が少々、これが日本のクラシックコンサートの実態なのですよ。と教えて下さいました。

 

「これは困ったな〜でもどなたもご興味がなくなれば、アーティストは弾く必要がないわけだし、その時はその時ね。」と思い、私の片腕になって下さっている友人たちやマネジメントさんたちに助けてもらい、何とか15周年を迎える事が出来ました。

誠に感無量です。

 

これから先、どのくらいコンサート活動を続けていけるかは全く分かりません。

でも、一生懸命心から応援して下さる方がいらっしゃる限り、頑張りたいとは思っています。

 

明日は、「レ・クロッシュ リサイタル 〜ニューアルバム記念コンサート〜」と題して、CD「ロマンス」の記念コンサートでございます。

6枚目のCDとなります。1枚はピアノソロのアルバムがございますから、レ・クロッシュスタイルのピアノソロ&チェロ・ピアノデュオのアルバムは5枚目となります。

 

「とても楽しんで毎日聴いています。」「心が癒されています!」、とご連絡が届くたびに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

明日は、「レ・クロッシュ リサイタル 〜ニューアルバム記念コンサート〜」を、東京文化会館 650席の小ホールで演奏させて頂きます。

CDから流れてくる演奏と、ホールのステージから流れる生の演奏とは、響きが違いますので、CDを毎日楽しんで下さっていらっしゃる方ももっと明日は楽しい日になると思います

 

その中で、一曲でもファンの皆さまのお気に召す曲があって下さると嬉しいです。

 

では、「レ・クロッシュ」のマキ&ナオは、心を込めて演奏致しますので、楽しい日でありますように!

 

一昨日、弦楽器工房で最後のチェックをしてもらいました。

明日は晴れの予報で、ホッとしています。

チェロにとりましても、ピアノにとりましても、雨の日は困ります。

チェロとピアノの状態がよい中で演奏出来るとよいと思っております。

 

5月16日は、「旅の日」です!

松尾芭蕉が「奥の細道」への一歩を踏み出した日だそうです。

 

レ・クロッシュは、「旅の日」に演奏出来る事はとても光栄です。

 

初心に戻り、前を向いてしっかり歩んでいって欲しいと願っております。

 

誠にご多忙な中、貴重なお時間を、レ・クロッシュのリサイタルのために、足を運んで下さいますファンの方たちに、心よりお礼申し上げます。

 

絵画と違い演奏は全く生ものですが、折角与えられた素敵な時間を大切にファンの皆さまの温かさを肌に感じながら、演奏をさせて頂きたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

往路、どうぞ、お気をつけてお越し下さいませ。もちろん、復路も同じです。

自由席となりますので、良い席を、とお考えの方たちは、恐縮でございますが、開演ギリギリではなく、少し余裕を持っていらして下さいました方が、ご満足な席が確保できると思います。

 

では、明日お目に掛かれますのを楽しみに致しております。

 


明日でゴールデンウィーク終了です!

皆さま、新緑を満喫していらっしゃる事と思います。

明日でゴールデンウィーク終了ですが、天候にも恵まれ、楽しまれた事と思います。

 

あっという間に過ぎてしまいましたね。

今年は、ゴールデンウィーク中のコンサートがありませんでしたの、比較的落ち着いていました。

それでも、毎日色々出掛ける事があり、一日中家にいる日はございませんでした。

 

来る、5月16日(火)19:00(開演)より、東京文化会館 小ホールで、「レ・クロッシュ リサイタル 〜ニューアルバム記念コンサート〜」が開催されます。

ご興味がございましたら、是非いらして頂きたいと思います。

 

今回は、3年振りに制作致しました、CD「ロマンス」の記念コンサートとなります。

 

すでに、CDをご購入下さいました方、誠に有難うございました。

嬉しいご感想を下さいまして、有難うございます。

どうぞ、ご遠慮なくもっとご感想などございましたら、お寄せ下さい。

 

ご購入の仕方は色々ですが、ご本人がまず聴いて下さって、是非プレゼントに!と考えて、何度も追加して下さる方も多くいらして、大変嬉しかったです。

 

友人のアーティストからコンサートのご招待チケットが送られてきましたので、そのお礼に、当日ブーケを、と思ったのですが、レ・クロッシュのCD「ロマンス」を聴いてとてもよかったので、ホールにCDをプレゼントに持って行く事に致します、と連絡を下さいました。

 

前回のCD「歌の翼に」は、T様は、椿山荘の結婚式の折に、レ・クロッシュの生演奏をご希望され、お引き出物には、CD「歌の翼に」を皆さまにお配りして下さいました。

またある方は、娘の出産祝いのお返しに、皆さんにレ・クロッシュのCDに内祝いの品に決めましたので、と、たくさんのご注文を下さいました。

クリスマスプレゼントや誕生日の贈り物にも、レ・クロッシュのCDを選んで下さる方が、毎年かなりの方がいらっしゃいますので、大変嬉しい事です。

まとめてのご購入の場合は、割引き料金とさせて頂きますので、ヨーロッパ アーティストまでご相談下さいませ。

 

ゴールデンウィークは、毎年今年のように天候に恵まれますと嬉しいのですが、来年はどうでしょう?

 

4日は、孫のGWミュージカルコンサートの本番が表参道でございました。

11時と14時の2回公演でしたが、精一杯張り切って頑張っていました。

 

小学生は、これから勉強していく段階ですから、課題は多いですが、活き活きしている歌や演技は、聴いていて気持ちがよいです。

 

後半の中学生と高校生の部では、「心から私はミュージカルをやりたい!大好きなのよ!」という気持ちが聴衆に伝わってきました。

好きだ、と言う気持ちが相手に伝わってくることが嬉しいです。

習い事は、これでなければ!

自分の意思で、「何が何でもやってみたいから頑張る!」という強い気持ちが伝わってくることは、上手下手とはまた別で、舞台での態度や眼差しが違います。

いつも高い目標を持って頑張る事が、一番力を伸ばすことが出来るのでしょう。

 

翌日の5日は、夫の誕生日でもあり、子供の日、男の節句でもあります。

夫は、今年で68歳になりました。

今は、元気でいてくれるので、神に感謝です!

 

また単純計算をして、がっかりしてしまいました。

というのは、レ・クロッシュのコンサート開始は、2002年に日本の滞在期間がまだ年間を通じて3週間程の時に開始しました。

それから、15年経ちました。

その当時の自分たちと今の自分たち、仕事量は差ほど変わっていませんし、毎年同じような事をしながら、持続してきたわけです。

ところが、夫があと15年経つと、83歳と迎えます。

今朝、あっと言う間の15年だったので、私は、「あと15年経ったらもうお手伝いは出来ないわね。」と言いましたら、夫は、「もしかしたら、83歳になっても、チェロ台をホールに運んでいるかもよ〜」と他人事のように笑っていました。

 

とにかく、1年経つのが早すぎて困ります!

これは、夫だけでなく、私も80歳にほぼ近くなっているわけですから、今の自分ではもちろんいることは出来ません。

 

そうなると、これからは、自分のしたい事をどんどん挑戦して行かねばならないと感じました。

 

フムフム…

時間の使い方をよく考えて、有意義に過ごせるように努力したいと思います。

 

では、ゴールデンウィークのお疲れを出しませぬよう、お元気にお過ごし下さい。

 


レ・クロッシュ 春公演!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか。

 

今日は、天気があまりよくないですが、コンサート続きの時は、天候がとても気になります。

 

レ・クロッシュの、4月22日、23日、25日の春の3公演は、毎回快晴でしたので、大変嬉しかったです。

4月公演は、明日の4公演が最後となり、新たな気持ちで、5月の公演のために地道な努力をして欲しいと思います。

 

横浜の西洋館ベーリックホールでのリビングコンサートは、4月23日でしたが、横浜へ訪れる観光客の多さにいつも驚いています。

今までは、ゴールデンウィーク中に依頼がございましたが、今回はゴールデンウィーク前ですから、いつもよりは人通りが少ないのかと思い、出掛けましたら、快晴のせいもありますが、すごい人混みでした。

特に、「港が見える丘公園」のすぐ近くにございます、元町公園の洋館ですから、足を運ぶ方も多いのかも知れません。

 

コンサートのたびに、恵まれていると感じますのは、どこの主催者さまも、とにかくご親切であるという事です。

22日に開催されました、北区文化振興財団のスタッフの方たちもその年により、担当者の方は替わられることも多いのですが、いつも至れり尽くせりの待遇で、大変有難いです。

ボランティアの方たちも毎回いらして、一生懸命準備の為に時間を使って下さいます。

心優しく真剣に取り組んで下さるのがとても嬉しいです。

 

25日はレ・クロッシュの所属事務所からのお仕事でしたが、社長をはじめスタッフの方たちが皆さんお優しく感じのよい方たちばかりですので、その時間がとても気持ちよく過ぎていきました。

大勢の方たちからの拍手や心温まるご感想は、次のコンサートの活力となります。

 

明日は、レ・クロッシュ クリスマスコンサート&クリスマスパーティーの会場であります、南麻布セントレホールでの、ランチタイムコンサートに出演させて頂きますが、プロデューサーをはじめスタッフの方たちの行き届いた応対に、毎回感謝しております。

恵まれた環境の中でコンサートを開催させて頂く事が出来ますのが、アーティストに取りまして、最大の喜びだと感じます。

 

今回のコンサートの曲目は、CD「ロマンス」の収録曲を中心で進めて居りますが、今春の3公演共に、涙を流して感動して下さるお客様がいらっしゃった、という事に感激しました。

 

パリのアーティストたちは、「上手ですね、と言われても、それは褒め言葉ではなく、客席から涙を流して、聴き入ってくれるような演奏をした時が大成功したことなんだよ。」とおっしゃいます。

確かにそうだと感じます。

 

では、明日の天気が少々心配ですが、よい雰囲気の中で、お客様たちと楽しい時間を共有したいと思います。

 

どうぞ、ご興味のおありな方は、是非広尾までお足を運んで下さいますと幸いです。

 

ゴールデンウィークの計画は立てましたでしょうか。

この時期は、とても活気があって好きです。

 

どうぞ、素敵な時間をお過ごし下さい。

 


復活祭&4月のコンサート告知!

皆さま、春を満喫していらっしゃいますか?

このところ、お天気もよく、気持ちのよい日が続いております。

今日の午後は雨模様とのことです。

 

帰国しましてから、しばらくはパリよりも気温が低かったですが、そのために、満開の桜も観賞出来てよかったです。

 

今日は、フランス語では、「ランディ ドュ パック 」、日本語では、復活祭、英語ではイースターですね。

正確には、昨日がパック=復活祭 で、今日は、ランディ=「月曜日」 ドュ=「の」 パック=「復活祭」 の意味で、今日は、卵型チョコレートを探す日なのです。

 

フランスでは、復活祭はキリスト教ではもっとも大切な祝日です。十字架にかけたれた、イエス・キリストが復活したことを記念する、フランスの祭日です。

教会の鐘は、聖金曜日から復活の主日までの3日間、キリストの死を悼んで鳴りません。鐘はローマへ旅立ち、そして鐘の中にイースターの卵で一杯にして、空から卵をまき散らしながらフランスに戻ります。そして、再び教会の鐘が鳴り響くと、子供たちは天からの贈り物を探しに行きます。それが、今日の行事なのです。

 

卵は、誕生、復活、善意を示すシンボルだからだそうですが、フランスの子供たちは、歴史はどうであれ、この復活祭の、ランディ ドュ パックの日を心待ちしています。

 

今日は学校の祝日で、子供たちは、庭に親が隠した卵型チョコレートを探しに行きます。日本と7時間の時差があるので、あともう少しですね。

娘や息子もキャーキャー言いながら、卵型チョコレートやうさぎのチョコレートを探していたのは、ついこの間のような気がしますが、とても懐かしい行事でした。

 

ところで、CD「ロマンス」は、4月19日にリリース予定ですが、レコードショップやアマゾンなどのサイトでもご購入して頂けますので、どうぞご利用下さいませ。

 

先行予約をして下さいましたファンの方たちには、すでに、CDをお届け致しましたが、温かいメールや「素晴らしいです!」とのお便りを下さいまして、大変嬉しく思います。

早速聴いて下さり、温かいお言葉を頂きまして、感謝申し上げます。

どうぞ、ヨーロッパ アーティスト宛に、ご感想などお送り下さい。

 

来る2017年5月16日(火)東京文化会館 での「レ・クロッシュ リサイタル 〜ニューアルバム記念コンサート〜」の終演後に、サイン会が行われますエントランスにて、レ・クロッシュのマキ&ナオの直筆サインをCD「ロマンス」に致しますので、先行予約でご購入下さいました方たちはご面倒でも是非ご持参下さいまして、直接サイン会デスクにお並び頂ければ幸いです。

 

さて、今週末からレ・クロッシュの春の公演がスタート致します。

4月22日(土)は、北区文化振興財団主催コンサート、4月23日(日)14:00より、横浜市西洋館ベーリックホールでのリビングコンサート、4月25日(火)は、宮前区役所ロビーコンサート、そして、4月27日(木)12:30〜13:10 は、クリスマスコンサート&パーティー会場でもございます、南麻布セントレホールにて、ランチタイムコンサートに出演させて頂きます。

演奏時間は、40分〜1時間コンサートですので、東京文化会館のハイライト版です。

各会場にお近い方は、是非お立ち寄り下さい。

 

また、東京文化会館のチケットをご購入下さいました方で南麻布セントレホールでもハイライトを聴いてみたいとおっしゃる方には、2000円チケットのところ、先着5名の方にご招待チケット、その他の方には、特別割引とさせて頂きますので、お知らせ下さい。

 

下記のメールアドレスにご連絡下さいますと幸いです。

 

ヨーロッパ アーティスト E−mail : contact@europa-artist.com

 

では、素敵な春をお過ごし下さい。

 

ファンの皆さまにお目に掛かれます日を楽しみに致しております。

 

 


レ・クロッシュ ファンクラブ会報春号2017 とCD「ロマンス」の発送開始!

皆さま、お元気ですか?

 

今年の帰国は、例年よりも早かったせいもありますが、お花見が出来て、とても幸せな毎日を送っております。

 

桜の花の力は、本当にすごいと思います。

 

今日は、お花見を兼ねて、父のお墓参りに参りましたが、残念ながら雨模様でした。

しかし、周辺の枝垂桜は、ちょっと雨に濡れて枝が垂れていますと、とても風情があり、日本の美を感じます。

母も大変喜んでくれました。

 

4月7日には孫の入学式を無事終え、今週からは、落ち着いた生活に戻したいと思います。

 

娘は、日本の行事を何も経験したことがございませんので、感激していました。

今後も、娘はフランスの教育しか知らないために、面食らう事も多々あると思いますが、楽しい学校生活を親子で楽しんで欲しいと思います。

 

帰国直前に印刷を致しました、「レ・クロッシュ ファンクラブ会報春号 2017」が送られてきました。

 

CD「ロマンス」のリリースは、予定通り4月19日となりますが、このたび商品が完成、CDが入荷されましたので、早期予約をして下さいました方たちには、一般販売に先駆けお届けしたいと思います。

もしまだご注文をされていない方、ご興味のおありな方、東京公演の前に聴いてみたい、と思われた方は、直接下記のヨーロッパ アーティストのメールアドレスに、発送先のご住所、ご氏名、CDの希望枚数をご記入の上、お申込み下さい。

 

CD代金の振込先を返信にてお知らせ致します。

ご入金確認後に、CD「ロマンス」を発送させて頂きます。

 

5月16日(火)東京文化会館の「レ・クロッシュ リサイタル」の折に、CDをご持参下さいました方には、サイン会デスクにて、レ・クロッシュのマキ&ナオの直筆サインを致します。

 

CD「ロマンス」お申込み先:contact@europa-artist.com

 

お申込み下さいました方には、ファンクラブ会員でない方でも、今回は、「レ・クロッシュ ファンクラブ会報春号 2017」を同封させて頂きます。

 

ファンの方たちには大変お待たせ致しましたが、ファンクラブ会報春号を今週中に発送させて頂きます。

 

マキ&ナオからのメッセージの他、2016年12月のクリスマスコンサートの写真をはじめ、レコーディング、新春コンサートやフランスからの写真も掲載しておりますので、お楽しみ下さい。

 

では、素敵な春を満喫して下さいませ。

 

季節の変わり目ですので、くれぐれもお体を大切に!



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

links

mobile

qrcode

selected entries

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

recent comment

  • ゴールデンウイークの過ごし方
    ゆみこ
  • 残暑お見舞い申し上げます!
    みっくみく
  • レ・クロッシュ リサイタルを終えて!
    ゆみこ
  • 「マタニティフェスタ」で・・・
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    ヨーロッパ アーティスト
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    miho
  • スカイプ電話で安心!
    fuyu

archives


ページトップへ戻る