レ・クロッシュ クリスマスコンサート&パーティ のチケットをネットショップにて販売!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

もう11月だというのに、この暑さは一体どうしたのでしょう!

半袖姿の方もいらっしゃいますが、確かに長袖ですと直射に当たると暑すぎますね。

この先の温暖化を考えますと恐ろしいです。

 

ところで、今月から、ヨーロッパアーティスト ホームページの ネットショップから、「クリスマスコンサート&パーティ」のチケットをご購入することが出来ますので、ご案内させて頂きます。

 

https://www.europa-artist.com/shop/cart.cgi?mode=f&id=14884614055954

 

ホームの右下欄に、「Concert Chikets Shop」を押して下さればページが開きますので、是非ご利用下さい。

 

コンサート(一般):2500円  パーティ(一般):2000円

 

となりますが、レ・クロッシュファンクラブ会員の方は、1割引きとなりますので、お間違えのないように記載して下さい。

 

昨日、会場でございます、南麻布セントレホールさんのスタッフの方たちと打ち合わせを致しました。

2階の様子が変わりましたので、また7日に致します、ヨーロッパ アーティストのスタッフさんたちと打ち合わせをしながら、どのように当日進めていくか、などを相談したいと思います。

 

今年もヨーロッパ アーティストのスタッフんさんたちは、張り切ってお仕事をして下さるそうで、とても有難いです。

 

ところで、2019年度のファンクラブ会員の会費 2000円をお支払い下さいました会員の方には、順次、「会員証」と「領収書」を郵送致しておりますが、1週間過ぎましても到着しません場合は、ご連絡下さい。よろしくお願い致します。

 

今年のパーティもフランスからシャンパンやワインは運び、ソフトドリンクも加えて飲み放題ですし、例年の特製ケーキ、お料理もたくさんご準備する予定です。

ビンゴゲームの景品もすべてフランスから持参したものですから、お楽しみに!

 

来年度の新規会員を募集致しております。

どうぞ、レ・クロッシュを応援して下さいます方は、是非お声をお掛け下さい。

 

今日と4日の夜は、ピアノリサイタルがございますので、ゆっくり鑑賞したいです。

今夜はグノー、4日はドビュッシーオンリーのプログラムです。

 

娘は、朝から小学校の授業参観日とのことで、出掛けています。

 

「はたらく細胞」の舞台練習も本格化して、今日も午後1時~午後8時までとの事ですが、元気に頑張っている様子に嬉しく思います。夫が送迎は全面的に協力してくれますので、娘のピアノ練習時間は何とか確保出来ています。

 

昨日も練習場までのエレベーターで、男性キャストと一緒になったそうですが、「この子すごいよ。将来は大女優間違えなし!」と冗談にでも仰ってくれて、孫は大喜びしていたそうです。

 

明日は、孫のバレエの発表会がございます。

「ジゼル」は、華やかですから、明るい衣装て楽しみです。

明日は、母を連れて、楽しませてあげるつもりです。

昼前にはホームから連れて参りまして、一緒にランチ、車いすで散策、ショッピング、そしてバレエ発表会の鑑賞の後には、京王プラザホテルの打ち上げにも参加するそうですので、明日は一日中母と一緒にいます。

 

では、楽しい芸術の秋をお過ごし下さい。

 


レ・クロッシュ ファンクラブ会報 秋号2018をお送り致しました

皆さま、お元気ですか?

この周辺でも大分葉が色づき、街路樹の色の変化を毎日車で通りながら楽しんで居ります。

 

ファンの皆さまから、「会報の表紙の写真がとても綺麗ですね!レ・クロッシュのお二人の記事をいつも楽しく読ませてもらっています。」とお声を掛けて下さったり、メールが届き、とても嬉しく思います。

カナリア諸島のフェルトベントゥラ島 コスタ カルマビーチをホテルの部屋から、何気なく撮りましたが、自分でも結構良い角度で撮れたかな、と感じていますものの、生の声でご感想を下さると、なお嬉しいです。

 

会報をお届けしました翌日には、もう5名の方が来年度のファンクラブ会費をお振込み下さいました。

引き続き、2019年もファンクラブ会員を継続して下さいまして、誠に有難うございます。

この5名の方は、昨年もやはり会報発送翌日にお振込み下さいました。

本当に嬉しいです。

最近は孫の誕生をきっかけに、コンサートを開催致しません、札幌、関西地区、山陰山陽の地域の方、そして、東北の方たちは、コンサートに関係なく、毎年スポンサーという形で応援して下さいます。

 

正直申しますと、ファンクラブ会報のデザイン料なども上がりまして、かなり苦しいところもございますので、スポンサーとしてずっと応援して下さいます方たちに心から感謝申し上げます。

 

来年に新規ファンクラブ会員ご希望の方は、ヨーロッパ アーティスト お問合せサイト 又は下記のメールアドレスからお申し込み下さいますと幸いです。

ただ今お申込み頂きますと、2018年10月〜2019年12月まで有効とさせて頂きますので、クリスマスコンサートでも割引き可能となりますため、お得です。

 

ヨーロッパ アーティスト 

 

お問い合わせ:https://www.europa-artist.com/mail_form/acc.cgi?id=146259058331267

 

E mail:contact@europa-artist.com

 

レ・クロッシュ ファンクラブにご興味がおありの方は、ご連絡頂けましたら、2018年の会報をお送りさせて頂きます。

 

ファンクラブ会員ではなく、スポンサーになって下さいます方も大歓迎でございます。

 

本当にいつもレ・クロッシュを心から支えて下さる方たちのお蔭でここまで頑張れたと思います。

日本での初演から、何と18年経ちました。誠に信じられないような話ですが、ファンあっての事と、応援して下さいます方たちに、心からお礼申し上げます。

 

ところで、クリスマスコンサートのチラシの件で、ファンの方たちにお伝えしなければならない事がございます。

訂正がございます。

レ・クロッシュ ファンクラブ会員の方とSMSサポート会員の方のみではございますが、パーティ代金は、通常2000円のところが、1割引きで1800円となります。

ところが、ホール側の担当スタッフの方がご親切に値段まで入れ込んで下さいましたが、1800円のところが、1900円と印刷されていました。

私がもっとしっかり最終確認をせねばならなかったのですが、誠に申し訳ございません。

「レ・クロッシュ ファンクラブ会報秋号 2018」の裏面には、正しく記載されていますので、お間違えのないようお願い致します。

チラシを発送致しましても全く気付かずにいましたら、ヨーロッパ アーティストのスタッフがすぐミスに気付いて連絡をして下さいました。

それで、チケットは刷り直してもらう事が出来ましたので、よかったです。

今後は慎重に、気を配って作業をしていきたいと思います。

まずはこの場を借りまして、心よりお詫び申し上げます。

 

また飛び入りの仕事が入りました。

 

娘の夫のおばあさまが昨日ご他界なさられましたので、札幌まで葬儀の為に、娘夫婦は行く事になりました。

実母と同い年の98歳だったと思いますから、大往生でした。

最近施設でも食欲がなくなったものの、今月に入り持ち直したと聞いて安堵しておりましたのに、とても残念です。

 

孫は、今舞台などの練習が入り、スケジュールを考えますと、札幌行きは無理ですので、私共の家で2日間預かる事になりました。

 

小学校は、私立でお弁当持ちですし、明日は朝から習い事でお弁当あり、夜からは、ミュージカル”ニッキー”の時のメンバーとのお夕食会があるそうで、私が付いて回らなければなりません。

明後日は、お弁当作りを考えますと、5時半起きでしょうか…

もうお弁当は遠い昔の事ですので、明日と明後日は頑張らなければなりません。

 

では、今から買い物に行き、孫の大好物の物を選んで買ってきましょう。

 

どうぞ、皆さま、楽しい秋をお過ごし下さい。

 


軽井沢の紅葉!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

秋晴れは気持ちがよいですね。

 

ただ今、軽井沢の別荘に、実母を連れて来ています。

 

お蔭様で無事帰国致しまして、まずは、レ・クロッシュの会報とクリスマスコンサートのチラシ発送の仕事がございました。

お手元に届きましたでしょうか。

 

今秋から今冬まで、またレ・クロッシュが楽しいコンサートを開催したいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

会報秋号の表紙写真は、バカンスに参りました、カナリア諸島 フェルトベントゥラ島のホテルの部屋から何気なく写した写真ですが、自分としては綺麗に写せたと思い、表紙に使わせて頂きました。

 

軽井沢はもう寒くなっているので、観光客が少ないかと思いましたら、丁度紅葉の季節ですので、とても人が多いです。

 

母は、静かに家のベランダから紅葉を眺めているのが一番好きなようです。

もう、明日には、東京に戻りますが、少し親孝行が出来たようです。

 

一昨日は、今年の4月、パリの家に宿泊して下さいました、Yさんの個展が神谷町の画廊で開催中でございましたので、その最終日に伺いました。

丁度、銀座十字屋会長の中村様とご一緒出来、楽しく絵画観賞をさせて頂きました。

年々色合いが深くなるような気がします。

 

レ・クロッシュのファンの方たちが、「年々音に深みが増して、それを感じる事が演奏を聴くのと同じぐらい楽しいのです。」と声を掛けて下さいますが、絵画でもやはり同じ芸術なので、一緒だと痛感致しました。

 

では、皆さま、素敵な秋を満喫して下さい。

 


今日パリを発ちます!

皆さま、お変わりございませんか。

また、久しぶりで、日本の皆さまにお目に掛かれると思うと嬉しいです。

 

私は、フランスと日本を行ったり来たり、一体何をしているのかしら?と思う事もありますが、結構移動するたびに、新鮮な気持ちで戻れると思うと、その価値はあるかな、と思ったりしています。

 

庭のぶどうのつるが伸びすぎたせいと夏の太陽のお蔭で、実がなり過ぎて、今日の仕事はまず近所の方にぶどうの房を配るところからスタートです。

 

雨の予報が秋晴れに代わってくれたので、昨日は晴天そのもので洗濯があっという間に乾きましたが、今日の最終日もせっせと洗濯をしています。

今回は、冷蔵庫掃除は昨日終えていますので、ちょっと気持ちが楽です。

野菜庫のゴミ掃除が嫌いですが、冷蔵庫の棚を全部取って、洗いました。

 

フランスは、ロータリーがとても多いのですが、その周りにかわいい草花がいつも植えてあります。

バスで出掛けて、ロータリーのかわいい花壇を眺めながら目的地に出掛けるのが大好きです。

さすが、ロータリー発祥の地だから、充実しているのかも知れませんね。

 

夏の花から秋の花へと季節ごとに可愛く彩られている草花は、地元の人たちを楽しませてくれています。

観光客は、カメラに収めている人たちも多いです。

 

ふと、夏に行きました、モネの庭園を思いだしました。

夏は、本当に見事です。

毎年4月~10月までの開園期間ですので、あと少しですが、今夏は暑すぎたので、庭園の草木や花はぐったりしてしまっているのかと思いましたが、太陽の力と水撒きを徹底していたのでしょう。

今まで何度も足を運んでいますのに、最高に美しい庭園でした。

パリとは違い、ジヴェルニーまで足を運ぶと、もうノルマンディーののどかな風景に変わります。

 

パリの遺産や文化も好きですが、長年地方都市に住んだせいか、地方都市ののんびりした空気は、何とも言えず好きです。

 

さて、今から日本行きのための準備と片づけを頑張ろうと思います。

 

機内の12時間を苦痛だとおっしゃる方が多いですが、私は、映画4本観て、合間は読書して、毎回楽しんでいます。

 

日本では、また色々お世話になりますが、どうぞよろしくお願い致します。

皆さまにお目に掛かれますのを、心待ち致しております。

 

 

 


秋のぶどう!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

 

今日、ようやくパリでのコンサートは終了し、安堵致しました。

バッハの無伴奏チェロ組曲が好きな方が多くいらして下さいましたので、とても嬉しかったです。

私もいつ聴いても穏やかな気持ちになれる、無伴奏チェロ組曲が大好きです。

 

ところで、明日は、ランチとディナーに、二組の友人をお招きしていますので、まずはサロンの片づけからすることにします。

楽しいですが、ちょっと忙しくなりそうです。

 

今夏は、暑かったせいで、庭になっているぶどうが豊作で、とてもとても甘いのです!

この20年間で、これほど甘味があった事は初めてだと思います。

帰国までの1週間では、到底食べきれる量ではありませんので、皆さんにお配りしてから帰国しようと思っています。

暑さによってこれほど甘さ違うのですね。

 

沖縄は、台風24号の折に、さとうきびの被害が酷かったと聞きました。

農作物は、気候や災害に左右されますから、本当に被害に遭われた方たちは大変だと思います。

 

ところで、日本は、今週も3連休ですが、また暑さが戻ったそうですね。

孫は、明後日は、恵比寿音楽祭でソロを歌わせてもらえるそうで、張り切っているそうですが、今回も観る事が出来ませんので、パリから応援しています。

それでも、週2は、スカイプ電話で相変わらずピアノのレッスンをしていますので、長期間会っていないような気はしません。

 

2ヶ月前には永久歯が少ししか生えていなかったのが、今週のレッスンの時に笑った孫の顔を見て、歯がしっかり生えているのを発見し、やはり月日が経っているのだな、と感じました。

 

11月公演の「はたらく細胞」の練習は、私たちが帰国した日に開始だそうです。

とても人気があるそうで、抽選で観賞するための席は外れてしまっているそうですので、14公演もありますのに、今のところ観れるかどうかは分かりません。

孫は、血小板の「うしろまえちゃん」になるそうですが、写真撮影会だけは、終わったそうです。

プログラムやグッズのための写真のようです。

 

では、私共は、10月14日にパリを発ち、15日東京着の予定です。

 

ようやく、「レ・クロッシュ ファンクラブ会報2018 秋号」をデザイナーさんにお送りしたしましたので、丁度帰国した頃に、印刷が終わっていると良いのですが・・・

さて、今週は、木戸にニスを塗ったり、残っている庭仕事をしてしまうつもりです。

 

また、日本の皆さまにお目に掛かれます事をとても楽しみに致して居ります。

 

どうぞ、季節の変わり目ですから、ご自愛下さい。

 


9月の終わり!

皆さま、秋分の日も過ぎ、これから段々日照時間が短くなりますね。

 

フランスの1年中住んでいた時には、冬時間になった頃から、急に夜が長くなり、木々の葉は散り寂しく感じるようになりましたが、最近は、丁度その頃に帰国しますので、冬の長さが短く感じるようになりました。

 

今週も業者さんの出入りが多く、あと庭の電気を新しくしてもらって、ようやく今年の作業は終わりです。

 

その合間に、息子のバロックコンサートがあったり、コンセルヴァトワールの若き学生のオーケストラを鑑賞したり、一週間があっと言う間に過ぎていきます。

若い学生のオーケストラを聴いていると、ふと10年以上前の事が蘇ってきます。

ワーグナーのオケの編成は、ダイナミックで元々曲そのものが好きですが、若い学生の管楽器のレベルの高さを感じました。

 

子供たちがアーティストになった事で、本当に楽しみをいっぱいもらう事が出来て、感謝しています。

もし、このきっかけがなければ、一生お目に掛かれなかった方たちばかりです。

幸いにも、フランスでも日本でもとても大事にしてもらい、皆さんに応援してもらい、日本のツアーのお蔭で、北海道から沖縄までの方たちと知り合う事が出来、素晴らしい半世紀だったと感無量です。

 

いよいよ今週、業者さんたちの作業が終わったところで、来週からは、恒例の来客との予約で詰まっています。

 

やはり長期に渡って日本滞在となりますと、周囲の人にも助けてもらう事が多くあります。

 

郵便受けから郵便物を出して保管して下さるのも、1ヶ月弱だったのが、最近は日本滞在期間が長くなったために、あれこれご迷惑をお掛けしてしまっています。

 

今回は、9月に入り、家の小さなリフォームに時間を費やしましたので、パリの友人たちとのディナーは、少なめにしてしまいましたが、界隈のお世話になった方たちには、お礼のディナーをするつもりです。

 

春よりも夏は、皆さんバカンスに出掛け、中々帰っていらっしゃいませんので、可能な時期がどうしても短めになります。

 

管理をして下さっている、自治会長さんのエリックご夫妻は、南仏に、親族たちと共に2週間を過ごしたそうですが、何と32人が一緒に、ホテルではなく、大きなペンション風の家を借りて、楽しんだとの事でした。

 

スケールが大きくて驚きです。

 

仏人は、おしゃべりの方が多いですから、寝る時間もないのでは…と思ったりしています。

でも、4世代が一緒に夏のバカンスを楽しむ方は多く、そのようなお話を聞くと、とても心が温かく和みます。

日本のように、塾はまずないですし、習い事も2ヶ月はお休みなので、こういう輪が自然と生れるのでしょう。

 

日本では、お法事などの行事の時には親族が一斉に集まりますが、その人たちと海で2週間過ごす、と考えただけで、すごいスケールの大きさを感じます。

 

エリックファミリーの他に、庭の芝刈りをアルバイトしてくれるご家族、いつもご一緒にお買い物に行って下さる仲間たち、日本びいきの近所の仏人など、大体予定が決まりましたので、楽しい時間を過ごして下さるようなメニューを考えていきたいと思います。

 

では、9月はあと2日ですね。

 

日本も大分涼しくなったそうですので、お風邪など召しませぬよう。

お元気にお過ごし下さい。


パリ生活は、あと1ヶ月!

皆さま、パリは、大分秋の気配を感じさせる日が続いておりますが、日本も気温が下がり、過ごしやすくなりました事でしょう。

 

あと1ヶ月で帰国しますので、あれこれ最後の仕事に励んでいます。

 

庭師さんに大木を切ってもらいました。

松の木は、2本ともどんどん成長していましたが、1本はバッサリ切ってもらいました。

30年以上の年輪でしたから、高く伸びるはずです。

玄関前の白樺は、枝を大分切ってもらいましたので、すっきりしました。

柳も枝を随分落としてもらいました。

 

大分明るくなった気がします。

 

そして、昨年1階の雨戸、今年は2階の雨戸を新しくしてもらいます。

 

暖炉の白ペンキ塗りや玄関の木戸のニスは、自分たちでしますので、今週から作業を始めるつもりです。

 

9月17日は、敬老の日ですので、孫は、カードやプレゼントをパリまで送ってくれました。

イニシャルが入った沖縄のポーチですが、化粧品を入れるのに丁度良い大きさで、満足しています。

自分では、「敬老」と言う言葉が何かピンと来ませんが、やはり思ってくれる事が嬉しいです。

 

ところで、9月14日は、母の98歳の誕生日でした。

とても元気で誕生日を迎える事が出来、とても嬉しく思います。

老人ホームでも、誕生日会をして下さったそうです。

 

通販でプレゼントをするのは味気ないですが、それでも日時指定も出来ますので、遠方に住んでいる人にとっては有難いです。

 

娘は孫とケーキを持って私の代わりに行ってくれましたが、とても喜んでくれたそうです。

姉弟も近くにいますので、本当に恵まれていると思います。

 

毎日欠かさず、スカイプ電話で顔を見ながら色々な話をし、寝る前には、必ずメールを致しますので、あまり離れているような気は致しません。

パソコンがあれば、カナリア諸島からでもいつものように顔を見ながら、雑談が出来るのですから、今の時代に感謝しています。

 

丁度ホームでの生活は、2ヶ月になりました。

肉好きな母は、食事に毎日満足しているわけではないのですが、大分慣れたせいで、残さずに頂くようになったそうで、安堵しています。

98歳とは思えないような食生活ですので、難しいのでしょう。

老人対象のお食事となると、煮物などが多いのですが、未だにピザ、ステーキなどが好きですから、物足りないのだと思います。

お茶よりもコーラが大好きですので、皆さんに驚かれるようです。

 

娘は、ケーキと誕生日プレゼントの他に、母から頼まれて、ハンバーガー、ナゲットとポテトを持参しましたが、喜んでモリモリ頂いていたそうです。

 

たまには、若者と同じメニューの方が好きな老人もいるのですが、中々それは理解してもらえないでしょうね。

 

私と一緒に会話をしましても、頭の回転が速く、超スピードで話が戻ってきますので、どこからこのエネルギーが出ているのかしら〜、と考えますと、肉食だからなのかも知れません。

 

スカイプ電話でも、結構食事の話が多いのですが、「焼き豚が特別に8枚も出て美味しかったけれど、他の方たちは、3枚だったのよ!」と話していたところをみると、スタッフの方たちが母の肉好きを知って、コックさんにお願いして下さったのかもしれませんね。

 

とにかく、転んで骨折をしたり、これから冬に向かうとインフルエンザが流行る時期でもありますし、体調管理を慎重にしなければならないと思いますが、元気に過ごしてもらいたいと思います。

 

今年は「ドビュッシー没後100年」ということで、意識的にドビュッシーを勉強しています。

サンジェルマン・アン・レの生家にもしばらく行っていませんので、足を運んでみようと思います。

落ち着いた郊外の町で、生家周辺の風景がとても気に入っています。

 

では、皆さま、時節柄ご自愛下さい。


9月に入りました

皆さま、お元気でいらっしゃいますか。

自然災害の恐ろしさを感じて居りますが、何とか皆が穏やかに生きていきたいと願っております。

 

どうぞ、被災された方たちは、一日も早く元の落ち着いた生活に戻れますよう、お祈り申し上げます。

 

また、今日は千葉で地震があったそうですが、大丈夫でしたでしょうか。

 

予定通り、スペイン カナリア諸島 フェルトベントゥラ島よりパリに戻りました。

想像以上のコバルトブルーの大西洋の海で泳ぐことが出来、大変幸せでした。

”美しいビーチが眩しい島”と言われるだけあり、十分目の保養、食事も堪能致しました。

 

これから、レ・クロッシュの秋から冬に掛けてのコンサート準備を始めたいと思います。

 

ところで、この夏にとても嬉しい知らせを受けました。

それは、箱根でのレ・クロッシュ ロビーコンサートの折に、コンサートを聴きにいらした親子がいらっしゃいましたが、そのお母様からご連絡を頂きました。

それは、最後まで真剣に聴いて下さった小学2年生のお譲ちゃまが、7月からピアノ教室に通われたとのニュースです。

 

レ・クロッシュの演奏を大変楽しんで聴いて下さいましたそうですが、お母様は、前半でお部屋に戻るつもりが、最後まで聴きたいとの事で、終演まで熱心に聴いて下さり、サイン会にも並んでCDを購入して下さいました。

その影響との事ですが、自分から、ピアノを習いたい、と主張し、7月から喜んでピアノを習っているとのメールを頂きまして、とても胸が熱くなりました。

 

子供時代、音楽に触れ合うきっかけを作る事が出来ますと、一生音楽好きな人に成長すると信じております。

これからのご成長が楽しみです。

 

以前、息子のチェロの音に魅せられて、ピアノの進みはあまりよくなかったお子様が、チェロを習いだした途端、自分から練習を進んでするようになったとご両親から話を伺いました。

ご両親は、ピアノがきちんと出来ない子がいくらチェロの音色が好きでも無理だろう、と考えていたそうですが、ピアノで音感を付けた後に習ったということもあるでしょうが、急に頑張りだしたそうです。

 

レ・クロッシュが、音楽への橋渡しが出来る事は、願ってもない事です。

音楽を学ぶ人たちが増えて欲しいと思います。

音楽の力は、心が豊かになります。

 

では、皆さま、楽しい秋をお過ごし下さい。

 


もう8月も終わりです

皆さま、日本の暑さは、大分落ち着きましたでしょうか。

夏休みが終わり、2学期の始まりですね。

 

フランスも7月と8月のバカンスを終え、9月3日から一斉に新学期が始まりますので、急に賑やかになりました。

 

いつも仲良くショッピングに行くマダムは、今日からシチリア島にバカンス旅行にいらっしゃいました。

フランス人は、9月は、年齢層の高い人たちのバカンス旅行が始まります。

 

私共も8月31日から9月8日まで、スペイン カナリア諸島 フェルトベントゥラ島に参ります。

カナリア島は、”大西洋のハワイ”と呼ばれているそうですが、ゆっくり過ごせて、海が美しいので大好きなリゾート地です。

昨年は、グラン・カナリア島、数年前はテネリフェ島でしたが、今年のフェルトベントゥラ島は、カナリア諸島でも一番大きな島です。

カナリア諸島の中でも最古の島で、火山の噴火によって出来たその歴史は、2千万年と言われているそうです。カナリア諸島の中でも、海がコバルトブルーで特に綺麗な事、そして見どころは多いそうですが、手つかずの自然がまだまだ多くあるそうで、魅力を感じました。

それで、今年のバカンスには是非!と思い、訪れる事にしました。

 

スペイン語圏ですが、ホテルでは、フランス語が通じますので、大丈夫だと思います。

 

ヨーロッパの島では、3食バイキングのホテルが多く、今年もアルコールもソフトドリンクも一日飲み放題ですので、太らないように気を付けなければなりません。

お寿司などのヘルシーな食事があるとよいのですが、それは残念ながらありません。

 

フランスでは、日本食、特にお寿司好きの人たちが増えましたので、スーパーマーケットでもお寿司売り場にたくさん並んでいます。

一昨日買い物に行きましたら、お寿司の種類がたくさんあるので、こんなに作っても売れるのかしら?と心配しながらそばを通りました。

何と、カウンターの中では、板前さんがその場でお寿司を作っては、どんどん並べているので、ビックリしました。

これは、今夏から始まったのだと思います。今までは、その場で作って並べている事はありませんでしたから…

 

フランス人の板前さんが握っているのですが、手つきは、日本の板前さんと同じメソードで進めていましたから、日本に修行に行き、身に付けたのでしょうね。

フランス人は食については、とても勘が良い人が多いので、身に付けるのも早いと思います。

 

しかし、私は買わずに、新鮮なサーモンやマグロを買ってきて、自分で作る習慣になっていますので、まだ買った事がありませんが、一度試したいと思っています。

 

では、心も体も癒してくれる島という事ですので、ゆったりと過ごしたいと思います。

 

またパリに戻りましたら、またブログを書きます。

 

どうぞ、夏の疲れが出る頃だと思いますので、ご自愛下さいませ。

 


フランスでの楽しい生活

皆さま、お変わりございませんか。

 

台風19号は日本から離れるものの、続いて台風20号は、西日本を直撃するとのニュースに明日を心配しております。

電車や道路、空路に大きな影響が出る事と思います。

くれぐれも西日本の方たちは、お気を付け下さい。

 

自然災害は、本当に恐ろしいですが、これは自然現象ですから、どうすることも出来ません。

身の安全を考えて行動を取るしか方法はないと思いますので、くれぐれもご無理をなさらないようにして下さい。

 

パリの気候は、大分涼しくなって参りました。

それでも、日中の日差しは、太陽が照っている日は強いです。

 

2024年のパリオリンピックに向けて、あちらこちらで工事が行われています。

特にパリ市民がバカンス中の方が、迷惑を掛けないという事で、今夏の工事は大掛かりです。

 

私共は、凱旋門から電車で25分のパリ郊外に住んで居りますが、最寄り駅は、8月31日まで閉鎖されています。

駅を4車線にする工事を始めていますが、電車がストップすることが平気で行われる国なのです。

バスが電車代わりに運行致しますが、全く誰も文句を言わないで、バスに乗っている事が不思議です。

デタラメが多い国に生まれ育つと寛容で怒ることをしないのです。

 

仏人は自分の意見を主張するのは得意なのですが、交通機関のマヒやストに対しては、言ってもどうにもならないから、何も抵抗しないで、黙ってバスに乗っています。

日本でしたら、大問題になると思います。

 

仏友人宅で話せばもちろん「酷いですよね。全くフランスのやる事は…」と怒って意見するのですが、バスで騒いでも仕方ないからなのでしょう。

本当に不自由ですので、早く開通して欲しいです。

 

今夏は、落ち着いてピアノの練習が出来ますので、地道に毎日焦らず、ピアノと向き合って語り合いながら楽しんでいます。

 

音楽を学ぶには、とにかく自分の耳を鍛えておけば、自分が先生になって、自分自身で音を磨く事が出来ます。

この勉強方法が何と言っても最高だと思います。

自己満足にならないよう、高い水準を目指す事が必要ですが、落ち着いて学ぶことが出来ますし、進歩の度合いがよく理解出来ます。

秋までじっくり学んで行きたいと思います。

娘がパリに来れませんので、息子の伴奏をさせてもらう事も大変勉強になります。

 

日本では、いよいよ明日から、ミュージカル「ニッキー」がスタートします。

孫は、舞台で演じたり歌ったりすることが、とても楽しいそうですので、頑張って欲しいと思います。

 

週末は、舞台の機材をホールに運ぶ作業があり、練習がありませんでしたので、久しぶりにスカイプ電話を使って、日仏でのピアノのレッスンを致しました。

ミュージカルの練習で中々ピアノの練習は出来ませんが、それでも連日レッスンをしますと、それなりに効果がありますので、地道に積み重ねる事が大切だと言う事を痛切に感じました。

 

スカイプ電話は、時折画面が止まってしまい、音が聞こえない事がありますが、それでも7時間の時間差を考えてレッスン時間を組めばそれなりに役立ちます。

 

実母も7月に施設に入所致しましたが、元気に過ごしております。

そして、毎朝9時にスカイプ電話をすることにしています。

日本時間ですと、夕方の午後4時ですが、丁度お夕食までの暇な時間帯に色々な話をして楽しんでいます。

私は、話す題材を作る事が結構得意ですので、話は尽きることなく、母はとても満足して楽しんでくれています。

長時間していますと、私の仕事に差し支えますので、適当なところで切る事にしています。

 

本当に今の時代に感謝です。

渡仏直後の高い国際電話代を考えると全く嘘のようですし、顔の様子が見えるので、お互いに安心出来ます。

 

では、日本はまだ暑さが続くようですので、くれぐれもご自愛下さい。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

links

mobile

qrcode

selected entries

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

recent comment

  • ゴールデンウイークの過ごし方
    ゆみこ
  • 残暑お見舞い申し上げます!
    みっくみく
  • レ・クロッシュ リサイタルを終えて!
    ゆみこ
  • 「マタニティフェスタ」で・・・
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    ヨーロッパ アーティスト
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    miho
  • スカイプ電話で安心!
    fuyu

archives


ページトップへ戻る