フムフム・・・

 
娘は帰国するので、シャルル・ド・ゴール空港まで先ほど送りに行きました。
充実した5週間だったそうで、何よりだったと思います。
 
今は日本のリムジンバスほどではないですが、バスがあちらこちらから出るようになったので、随分楽になりました。
 
面白いバス代の話があります。
シャルル・ド・ゴール空港は、Zone5(ゾーン5)になります。
パリ中心がゾーン1で、郊外に離れますと数が増えて行きます。
ゾーン5でも北西の新興住宅地の最寄り駅から、北東にありますシャルル・ド・ゴール空港まで一時間位の距離を走るリムジンバスが出ています。
ゾーン1のパリ市内からゾーン5のシャルル・ド・ゴール空港までの所要時間とほとんど変わりません。
 
ゾーン5だけを走るバス代のお値段は?
パリからですと、バス会社によって違いますが、9ユーロ〜15ユーロぐらい掛かります。
 
数年前までは、日本のバスのように停留所が多くなればどんどん値段が上がっていく方式を取っていたのですが、オレンジカードという定期券もゾーン計算ですので、住民から反対が出て、ゾーン5だけを走っているという事で、一気にメトロの切符1枚(1,6ユーロ)で乗車できるようになりました。
これを利用している人たちは、とても得した気分!と言って喜んで乗っているようです。
ゾーン計算すると確かにそうなりますが、ガソリン代も出ないのでは?と思ったりします。
 
ここでコンサートの話を持ち出すのも変ですが・・・
 
もし同じ内容のプログラムのコンサートの場合、公共施設の主催で区民のための無料コンサートと自主公演のチケット代金を支払うコンサートとどちらのコンサートにいらっしゃいますか?
 
もちろん、ホールの音響施設の差はありますが、以前、無料コンサートにお客様が吸い取られてしまい、自主公演のチケットが全然売れなかった、という話を聞いた事があります。

このシステムは中々難しいですね。
気楽に多くの区民や市民に呼び掛けてのコンサート企画自体は、とても素晴らしい事ですし、どんどん発展させたいところです。
もちろん演奏者への謝礼金はきちんと公共団体から頂けますし、区報などにコンサート告知をして下さいますので、集客の心配をしなくても済みます。

ところが、同じ出演者の自主公演がその翌月にあった場合、どうしてもお客さんを取られてしまうという現象が起きてきます。

それでしたら、自主公演だけをしたらいいじゃないですか?とおっしゃる方もいますが、それはそれでお客様の層が広がっていきませんし、コンサート数もぐんと減ってしまい、自主公演だけでは赤字を作ってしまう事が多いですから厳しいです。
 
アーティストが演奏だけで生きていけるような世の中になって欲しいと願っていますが、今の日本の仕組みでは非常に難しいと思います。
日本には、コンサート会場が多すぎるのも問題がありますね。
分散されてしまうのです。
フランスは少なすぎますし、難しいですね〜
 
アーティストたちの明るい未来を願っています。
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

links

mobile

qrcode

selected entries

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

recent comment

  • ゴールデンウイークの過ごし方
    ゆみこ
  • 残暑お見舞い申し上げます!
    みっくみく
  • レ・クロッシュ リサイタルを終えて!
    ゆみこ
  • 「マタニティフェスタ」で・・・
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    ヨーロッパ アーティスト
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    miho
  • スカイプ電話で安心!
    fuyu

archives