空想力!

 
一昨日からパリは一気に春を迎えました!
最高気温が今週はずっと16度〜18度という事ですっかり春支度です。
今まで冬眠していたような人も外に出て、賑やかになってきました。
 
先週は、何だかショパン特集みたいになってしまいました。
シューマンは、1810年6月8日に当時の東ドイツのツピッカウという小さな町に生まれたので、やはり「生誕200年記念」ですが、ショパンに比べると存在が薄いのが残念です。
素晴らしい曲をたくさん作曲していますから・・・
 
 
私は、まだドイツの東西に壁がある時に車で東欧圏に旅行しました。
シューマンが法律の大学に行ったのは、ライプチヒでしたが、バッハのトマス教会で有名なところですね。
この頃は信じられないほど楽譜が安かったんですよ〜

東ドイツの国境の検問は本当に厳しくて、車が溢れているのに車から降ろされて、荷物検査まで一台ごとに時間掛けてされるので、夏の暑い中、大変だったのを覚えています。
当時は旅行先を東欧圏に決めると、パリの東ドイツ大使館や当時のチェコスロバキア大使館にパスポートを預けて許可されるのを待つのですが、中々パスポートが届かないので大丈夫なのかしら?と心配してしまいました。
外国人向けホテルというのがあって、宿泊ホテルまで全部決められてしまっていました。
どこも5つ星で日本レストランが入っているようなところですので、立派すぎて驚きましたし、値段が高すぎて驚きました。
ライプチヒだけではなく、ドレスデン、チェコのプラハやハンガリーのブタペストなども外国人向けホテルは素晴らしく立派な高層建築で、外国人向けホテルだけが特に目立っていました。
 
でも、シューマンはライプチヒ大学に行って、都会過ぎて「自然」がどこにもない、と嘆いていたというのですから、ツピッカウの人口わずか4千人の町は本当にのどかなところだったのでしょうね。
私は東ドイツに入って、車は小さいし、西ドイツに比べると急に寂れた感じで都会という感覚ではなかったですから・・・
シューマンは、ライプチヒは嫌いだったそうですが、もしそこに行かなければ、クララ・ウィークと会えなかったわけですから、運命って本当に不思議だと思います。
 
1830年には、クララの父親のウィーク先生に自宅に住まわせてもらい、本格的な勉強をはじめたのですが、ウィーク先生の発言が好きなのです。
それは、フランスの先生たちは、よく”きみは耳がいい”という褒め言葉を使いますが、ウィーク先生は、シューマンに対してどのように褒めたと思いますか?
シューマンの母親は、シューマンが音楽家になる事を不安に思って、ウィーク先生にご意見を聴かせて下さい、というのに対し、「あれだけの才能と空想力を持っているのですから・・・」とおっしゃっているのです。
 
”空想力”って芸術には本当に一番将来的には大切なものだと思います。
結局は指を壊してしまいましたので、シューマンはピアニストを断念しましたが、この時は、才能と空想力があるから3年のうちには現代最大のピアニストのひとりとしてお目に掛ける事をうけあいましょう、とウィーク先生はおっしゃったのです。
 
やはり”速く指が動く”のではなく、一見ピアノ演奏とは違うような”空想力”が大切なのですね。
 
自分らしく演奏してそれが評価される、というのは、自分のイマジネーションしかないと思います。
 
私の事ですので、もちろん凡人の中での話しで恐縮なのですが、ずっと小学生の時から演劇部に所属していました。
空想したり、その人になりきって劇をしたり、人を笑わすことが大好きでした。
音楽もどちらかというとその線上で楽しいからやっていた、という感じです。
 
当時は「ちびまるこちゃん」のアニメはなかったですが、大人になってから流行ったにもかかわらず、「ちびまるこ」みたいなところがあるわよね〜って周囲の人に言われたりするので、こういうのも生まれながらなのでしょうね。
とにかく思いつきだけで生きていますから、「ヨーロッパ アーティスト」も思いつきでやってみたくなったのです・・・
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

links

mobile

qrcode

selected entries

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

recent comment

  • ゴールデンウイークの過ごし方
    ゆみこ
  • 残暑お見舞い申し上げます!
    みっくみく
  • レ・クロッシュ リサイタルを終えて!
    ゆみこ
  • 「マタニティフェスタ」で・・・
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    ヨーロッパ アーティスト
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    miho
  • スカイプ電話で安心!
    fuyu

archives