「水の戯れ」の聴き比べ!

 
どうしたのでしょう〜
真冬の寒さですね。
 
アイスランド噴火で各国で欠航が続いているようです。
一週間遅く出発を予定していましたら、シャルル・ド・ゴール空港で足止めでした。
中国の地震の被害も酷く、自然災害は本当に恐ろしいです。
 
ところで、昨日ラヴェルの「水の戯れ」が出てきたので、ここでフランスのコルマール音楽学校での話をさせて頂きます。
ソルフェージュの授業の時に「水の戯れ」のCD聴き比べというのがあった時の事です。
マルタ・アルゲリッチの演奏とフランスのパリ音楽院教授のジャック・ルヴィエの演奏を生徒たちには名前を伏せてCDを聴かせました。

先生は、2人の演奏を続けて聴かせてから、生徒たちに、どちらの演奏が好きですか?という質問をなさいました。
 
そして、40人のクラスの全員が片方のアーティストの演奏に手を挙げたのです。
どちらだとお思いですか?
 
もちろん、アルゲリッチは世界的に有名なアルゼンチン生まれのピアニストです。
ジャック・ルヴィエもフランスを代表するピアニストですが、アルゲリッチの方が有名度からいうとずっと上ですね。
 
結果は、40人全員が、ジャック・ルヴィエに手を挙げて、アルゲリッチの演奏の方がよかった、という生徒たちは一人もいませんでした。
 
この授業は、娘が受けたソルフェージュの授業での話ですが、これを聞いて「やっぱりフランス人の好む演奏は仏人の音色なのだ!」と実感しました。
そういう感覚を持っているのでしょうね。
 
これをもし、ドイツ人のソルフェージュの授業でしたら、フランスのように100%ではなく、アルゲリッチの演奏の方が素晴らしい!という生徒もいたのでしょうね。
 
皆さんだったらどちらでしょう?
日本でもお二人のCDは出ていると思いますから、聴き比べなさると音色の違いがよく理解できますよ。

実は、私もフランス人の奏でるフランス音楽は、もちろん演奏家によって好き好きはありますが、音色が自然でフランス音楽にピッタリの音を出してくれるアーティストが多いと思います。
 
では、今日はこの辺で!

自然と音楽

 
今日は冬に逆戻りして、一日中寒く、厚手のコートを着ている人が多かったです。
気温差があると体調にも影響しそうですね。
 
今日は朝から電話が鳴りっぱなしでした。
私が帰国したのを知って、多くの方から連絡がきました。
福島公演の主催者さんやホールからも、5月15日のコンサートの件で連絡が入りました。
 
地元でのコンサートとは違って、地方公演は実際にそこで生活しているわけではないので大変です。
しかし、地方公演の目的はもちろんリサイタルを開催するために遠征しますが、それだけではなく、お世話になった方たちとの交流、そしてその土地の文化や自然が身近に感じられて、本当に楽しいです。
いつも地方公演に出かけますと、宿泊施設や交通費などが余分に掛かりますので赤字になる事もありますが、お金には変えられない、素晴らしい出会いや幸せな時間がそこにはあります。
旅行好きで人間好きの私にとっては、地方に行くたびにわくわくします。
 
自然の静けさの中から聞えてくる虫の声や草木が擦れ合う音、川の流れる音など、耳を傾けていると沢山の心地よい静かな音が聞えてきます。
この自然界の音をそのまま楽器で表現しようとする事は、頭脳だけで考えて音作りをしているよりもかなりリアルにいい音色が引き出せるように思います。
 
たとえば、フランスの作曲家であるラヴェルの「水の戯れ」は、水が戯れている様子を思い浮かべながら、よりリアルに表現するための音色研究は、理屈ではなく単に感覚だけでいいと思います。
ドイツ音楽のように分析をしても解決できないものがあると思います。
自然の美は、あえて分析するとどこか自然から遠ざかってしまいます。
 
自分の五感を使って音作りをした方がより美しい、本物に近い音色が奏でられるような気がします。
 
まず練習をする事よりも、自分の身近なところで、五感を働かせて自然界の美しさを感じて、それを音で表現しようとする気持ちが自然に湧いてくる事の方が重要だと思います。
それには、自然を愛し、五感を働かす事に集中することですね。
 
東京はごみごみしているとは思いますが、それでもその中にも公園は沢山ありますし、自然や美しいものも多いと思います。
地方とまではいかなくても、草木の香りや川の流れを観察しながらどんどん音のイメージを膨らませられる事が出来るといいですね〜
 

自己ベスト

 
今日はまたまた暑かったですね。
明日はまた気温が低くなるとか・・・
気がついたらもう0時過ぎているから今日ではなく昨日になってしまいますね〜
 
朝から福島のいわきの楽器店関係の方や主催のE会長さんにご挨拶とお礼の電話をしました。
本当に皆さんの支えがあったからこそ、コンサートが実現できるのですが、ご親切な方たちが多いので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さんのお力あってのコンサートですね。
 
しかし、何故ここまでご親切にして下さる方たちが周囲に沢山いらっしゃるのか本当に不思議でたまりません。
音楽を愛する人は心が綺麗な人が多く、お優しい人たちの集まりなのだと思います。
 
ところで、今日、競泳・日本選手権第1日の男子50メートル平泳ぎ予選で、北島が日本記録を更新したそうですが、パワーと努力の威力はすごいものですね。「あの時(2年前)がむしゃらにやっていたのは何だったんだろう」と自分でも驚いている様子だったそうですが、本業の泳ぎとは別に、体の中を意図的に鍛えていくと、自分でも疑う程、成果が出るものなのですね。
 
楽器の奏法の改良も色々自分の身体と相談して、体の弛緩方法や指や腕の事などを考えて進めていきますが、何か自分の練習の工夫で、音が輝き始めたり、なめらかな響きに近づくと、それは大感激で喜びに満ちた1日になります。
目標は人それぞれ違いますが、それでもいつも自分との戦いです。
精神力を鍛えるために”座禅”を始めた方がいましたが、これは方向性としては間違っていないように思います。
 
北島の強い精神力は、誰にでもできるような努力ではないですから、本当に感心させられます。
これからもどんどん自己ベストを塗り替えて欲しいですね。
 
ゴルフの石川選手も練習に励んでいますが、自分を磨くために時間を惜しまず最大限の力を出し切って頑張る姿は美しく眩しいです。
 
絶えず体の中を商品でいう”新製品”にして、「これでもか!これでもか!」と挑戦する事が最高なのだと思います。
自分の器の中で最大限に自分を磨ける事ができたなら、それは、生きてきて最高の幸せです!
 
アーティストの目標の自己ベストは全くタイムではなく、あくまでも”芸術の美”ですが、”美”の自己ベストをどんどん塗り替えられるように挑戦したいものです。
 
では皆さんも自己ベストをどんどん更新させて下さいね!
 

コンサート企画は難しい・・・

 
今日は一日雨で寒かったです。
昨日は20度以上もあって暖かかったので、体がちょっと変になりそうです。
時差はなく元気に毎日飛び回っています。
 
今日はクリスマスフェスティバルの打ち合わせのために、F専務理事にお会いしてきました。
近年のコンサート企画は特に大変で、集客においてはどこも苦労しているとの事、私の心臓はパクパクしてきました。

宝塚歌劇団は、何と1人2500枚ものチケットをもらされているとの事・・・そんな話はじめて聞きました!
集客率で配役も決めるという事のようですが、主催者としはその気持ち分かりますね。
 
F専務理事は、ソロリサイタルを企画する場合、たとえば10万円の謝礼を出す場合は、100人は少なくてもその演奏者がお客さんを連れてきてくれなければ、経営は成り立たないとおっしゃっていましたが、確かに頭で計算してみるとそうなりますね。
そうかと言って、100人をパッと集めるだけの力がある人はそう多くはないと思います。
宝塚歌劇団のように、「連れてこないなら、チャンスはあげないよ。」という事になると、折角よい演奏者なのに、集客ができなければ相手にしてあげない、ではかわいそうです・・・
アーティストの中には、たった5人集めるのが精一杯という方もいらっしゃいます。
世の中って自滅しないように、こうやって割り切らなければならないのかもしれませんが、気持ちの上では救ってあげたくて考え出した事がこれでは空周りしてしまいそうです。
 
何かいい案いい案・・・???
 
やはりコンサートは、魅力あるコンサートを目指してファンをどんどん集めていくしか方法はないのかもしれませんね。
 
さあ、アーティストさんたち、魅力的な演奏と高い水準を目指して頑張りましょう!!!
 
私は若きアーティストのためにコンサートチャンスを作ってあげて、多くのお客様に寄ってきてもらいたいという強い思いから発足させたのですが、現実はそう簡単ではなさそうです・・・
でも諦めないで頑張らないと!
 
F専務理事から現実の音楽事情を伺った事で心配ながらも、さすが経験者で色々体験をなさられていらっしゃるだけあり、大変勉強になりました。
もっと現実を見て、前向きに考えていかないと発展はありませんね。
 

子供の育て方

今日はお天気がよく、まだまだお花見を楽しめそうでしたので、出かけました。
 
やはり周囲から日本語が聞えてくると嬉しいですね。
日曜日とあって、親子連れが多かったです。
子供の育て方や可愛がり方がやはり国によって違いますね〜
 
日本の方が子供中心の家族が多いように思います。
とても子供が大事にされて育っているように見えました。
 
 フランス人って”子供社会”じゃなくて”大人社会”と言われますが、本当にそうですね。
ですから、子供は「はやく成熟して大人になりたい!」という欲求がとても強いです。
フランスももちろん子供を大切に育てていますが、日本の子供のようにかわいがってくれないというか、子供は、大人の世界に入らせない、と言った方が表現方法としてはあてはまると思います。
 
パーティーやディナーにご招待なさられても、子供はご実家に預けられたり、大人たちは、パーティー会場で話が盛り上がっているのに、キッチンでお手伝いさんと食事をしています。
 
「どうぞ、うちの子供も居りますのでお連れ下さい。」とおっしゃっても、サロンでディナーさせて頂くのは、招待した側のご夫妻とご招待頂いた私たち夫婦であり、子供たちはキッチンのテーブルで子供用メニューが並べられています。
それで、子供たちの会話の中で、「早く大人になって、パーティーに参加したいわね〜」という話になるそうです。

でも、パーティの間に、親は何度か自分の子の様子をのぞきにきて、顔中キスして、「よく今日はおりこうにしているわね〜」と褒めにきますので、無視しているのではないのでしょう。
 
ところで、日本人は、高校生や大学生たちになると、友人同士で旅行に行く事が増えてきて、家族旅行は子供時代の楽しみみたいなところがありますね。
私自身も大学の頃の旅行はほとんど友人と楽しんでいました。
 
フランス人のバカンスの旅行は、20代になっても家族旅行を楽しむ人たちがとても多いです。
特に家柄がよいご家庭程、親族が一緒にバカンスを楽しみますね。
三世代が一緒になってバカンスを海や山で1週間から1ヶ月ぐらい共に過ごすご家庭もいらっしゃいます。
90歳の方で子供夫婦たちとそれぞれの孫たち、そして曾孫たちの総勢38人で南仏で過ごすとおっしゃって驚いた事があります。
その時は、子供も孫も全員で90歳のおばあさまを大切にして下さるそうです。
 
バカンスの時だけは家族が一緒に楽しみますが、普段は18歳の成人を迎えますと完全に自立して勉学に励んだり、仕事についたりしています。
ですから、日本の生活形態と違いますね。
逆に日本の学生さんは、いつまでも親に頼っているところがありそうですが、すべて個人差がありますから、何の話でも100%ではありません。
国々によって色々な伝統があって、考えや発想が違うという事はおもしろいと思いますし、とても興味があります。
両国を観察する事は本当に楽しいです。

明日は朝から一日外出予定ですので、今日はこの辺で・・・
 

帰国一日目

 
今日はお天気がよかったですね。
 
日本帰国一日目は、まずチェロの弓の張替え、そしてピアノの調律師さんにいらして頂いたのでそれに一日掛かってしまいました。
 
チェロの具合はパリでチェックしてきましたが、弓だけは今回、日本の弦楽器工房のGさんに予約を入れて置きましたので、一日目にしてチェロは準備完了!
 
F調律師さんは、とても丁寧に掃除機で全部埃を取ってから作業をして下さいます。
調律だけではなく整音にも時間を掛けて下さるのでとても安定した音色になります。
 
最後はペダルにワックスまで塗ってピカピカに!
 
午後1時半〜4時半まで掛かり、調律師さんとお茶しておしゃべりしていたら5時過ぎになりました。
これで13日からはじまる泉ゆりのさんと息子とのデュオの合わせ練習もピアノの状態がよくなり、大丈夫そうです。
いい音色と響きに戻り、お陰様でピアノも元気になりました!
不在にして弾かなくてもピアノは狂ってしまいますから困りますね・・・
 
それから母に会いに行きましたが、元気な顔で一安心。
 
日本に滞在している人よりも帰国度に親族の顔合わせがあるので、却って皆に会うチャンスはあるかも・・・
 
日本の公演の準備をどんどん進めなければなりませんね。
日本にいるスタッフさんたちとも打ち合わせをしっかりして、出演者さんとお客様が満足できるような充実したコンサートが出来るように頑張りたいと思います。
 

日本に無事到着!

 
少し前に無事日本に到着しました。
かなり冷え込みますね〜
パリとあまり寒さは変わらないようです。
 
機内は長時間なので辛いと言う方が多いですが、私は適応力があるせいか、いつもフィルムを4本見続けて楽しんでいます。
でも、結構4本ぶっ通しというのは、映画というのは2時間前後掛かりますから、そのあとはちょっと目が乾燥したような〜
でも、楽しい時間でもあります。
あとは読書と新聞とで気がつくともう着陸態勢の機内放送で、慌ててシートベルトを締めますので、別に今のところは慣れているせいか辛いとは思います。
 
寝ずに過ごす事を苦痛と思わないからいけないのですが、長生きは恐らく出来ないでしょうね〜
 
では、丸2日間、目を酷使してはいけませんので、お休みなさい〜
 
明日はピアノの調律をして頂いたり、またこちらの生活が始まります。
 
皆さんと同じ土地で頑張ります。

とらやパリ店 30周年!

 
今地方都市のトゥールーズ、ナンシー、リヨン地域の人たちはバカンスに入っていますので、パリも活気があります。
日本レストランにも最近はフランス人が多く出入りしています。
日本食ブームだからなのでしょうが、お箸を上手に使っている人が多いのには驚かされます。
ヨーロッパは中華レストランが昔から多かったので、お箸はそこでマスターしたのかもしれませんね。
 
ところで、”とらやパリ店”は、1980年オープンしたので、今年30周年を迎えたそうです。
 
きっかけは、「フランス人は料理にまめをたくさん使うそうだから、餡にも抵抗ないだろう〜」という発想でスタートしたそうですが、実際にはフランス人のお豆料理は塩味で、甘く似て食べる習慣はないので、当初の淡い期待はすぐ裏切られ、甘い豆が美味しいお菓子として受けいられるまでには長い道のりだった、との事です。
何でも最初は予期しない結果になり大変ですね。
ヨーロッパ  アーティストも予想外のことばかりですが、頑張らないといけませんね。

また”とらやパリ店”の話に戻りますが、羊羹を前に「これは黒い石鹸ですか?」と仏人からの質問を当初は受けていたという事ですけれど、今ではフランス人の和菓子ファンが増えていっています。

パリ地区の和食店約600店のフランス人が欠かせないデザートに、あずきが添えられた抹茶のアイス、羊羹、どら焼きが「甘く煮た豆」の美味しさを知るきっかけになり、それから順調に伸びていったそうです。
 
特に、近年の健康志向から、世界一の長寿国、日本の食生活への関心が高まり、お米、豆腐、味噌、海藻などの関心が持たれ、よいイメージが定着したからという事でもあるんですね〜
 
30周年を迎えて、パリ支配人は、和菓子の和は、平和の「和」、人と人をつなぐ「和」でもあり、日本を代表する平和で友好的なアンバサダーとして、これからも和菓子が世界に愛され、活躍していくことを願ってやみません、という事です。
 
何でも時代の運という事はありますが、地道に目標に向かって頑張る事が大事なのでしょうね。
音楽家も、「地道に頑張れば必ず開ける!」と信じて頑張る事にしましょう。
 
羊羹やどらやき、美しい和菓子は、「上質な味」と「美」そして幸せな時間を提供するということは、これもコンサート企画と同じ目標ですね。
 
ヨーロッパ アーティストは、「上質な味」と「美」では負けない、そして幸せな時間を提供できるように日々努力したいと思っています。
 
あと数時間でこのパソコンを閉じます。
まだまだパリでの仕事が残っていますので、今から頑張ります!
今度は日本からのブログになりますが、時差もありちょっと時間が空いてしまうかも・・・

庭仕事!

 
今日は20度まで上がり、日中は暑いくらいでした。
みんな外に一斉に出て、庭仕事開始です!
私は庭仕事が大好きで、春から夏に掛けての仕事量はすごいんです。
毎年、のこぎりや枝切りの使いすぎで筋肉マンみたいになります。
大木は電気のこで切りますが、私自身は、昔ながらののこぎりでゆっくり切っていくのが好きです。
切りながら色々な事が頭に浮かんで考える時間が出来るのでその時間を大切にしています。
電気のこぎりは、騒音でただ切るための道具に過ぎないので好きではありません。
 
一夏で一体何十キロの枝を切っているのかしら・・・
芝刈りをしてすっきり美しい庭に作り上げる事が私の趣味なんです。
広い庭を駆け回って顔が段々黒光りしていきます。
でも、太陽を浴びて作業していると、”生きている!”っていう実感が湧きます。
 
庭師さんにお願いするよりも、自分でイメージして、その年のバラの選定や垣根や松のような大木枝切りをした方が、自分の好みの庭になるから楽しいです。
これも想像力がある方がより美しくなると思います。
音楽と同じところは、まず全体像をじっくり眺めてから、どこをどのくらい切っていくかを決めます。
音楽も全体像から考えた方がバランスのよい仕上がりになりますから、同じですね。
この庭づくりの創作意欲というのは、春になって毎朝庭を見ていると、こうしよう、ああしようと頭に浮かんできて胸がわくわくしてくるんです。
ですから、雨だとがっかりですが、今日は最高の日でしたので捗りました。
 
日本はあまり自分ではしないでしょうが、木戸、雨戸、窓枠、階段、暖炉の周りの二スやペンキも毎年夏のバカンスに入ると1週間〜2週間ぐらい掛けて綺麗に塗りなおします。 
フランス人はバカンス期間は長いですが、前半は家の模様替えとか手入れに時間を掛ける人が庭付きの家をもっている人は多いです。そして、そういう事に時間を掛ける事がとても好きですね。
 
私もこの作業はとても楽しく、二スでピカピカにして光沢が出ると嬉しくなります。また二スの匂いが何とも言えないんです。
この作業をしながら、いつも音楽作りと共通しているな〜と思いながら、隅々まで丁寧に塗っています。
 
ところで、私のテレパシーが真央ちゃんに通じたかしら?
先日のブログで真央ちゃんの事を色々言いましたが、何か「意地悪おばさん」に映ったかもしれません。
お節介なので、心配のあまり色々言ってしまいました・・・
しかし、真央ちゃんは、「心理学をやりたい!」と言いだしたという事で、とっても嬉しいです。
 
「心理学の先生から体験談を聞いてみたい。」というの分かりますが、出来れば受け身ではなく、自分の空想力を育てるために自分から先生にどんどん質問して欲しいけれど、自分で何かを変えようとしている事は素晴らしい事だと思います。頑張って欲しいですね。
心身ともに成長していく事しか解決策はないと思います。
表現力アップに必ず結びつくでしょう!期待しています!
”どう表現したいか”は、食材をみただけで、すぐにすばらしいディナーのメニューを作ってしまうコックさんと同じようなものだと思います。
益々素敵になって下さい!
 
さあ、今から帰国準備をはじめます。
荷物制限がうるさくなったので困りますが・・・
 
では、今日はこの辺で〜
 

復活祭のたまご

 
今日は、フランス語では、「Lundi de Paques」(ランディ ドゥ パック)の休日です。
フランスはまだ5日ですので・・・
昨日がPaques 、復活祭でした。
 
キリスト教の典礼歴におけるもっとも大切な日で、十字架に掛けられたキリストが三日目によみがえった事を記念する日です。
春分の日の後の最初の満月の次の日曜日が復活祭としてお祝いしますので、年によってかわります。
 
フランスでは、もっぱら庭に隠された卵型のチョコレートを探す事が、復活祭の行事になっていますが、子供たちは、チョコレート探しが大好きです。
 
もともとは、雛が卵から生まれる事をイエスが墓から出て復活したことに結び付けたものなのですね。
それは、冬が終わり、草木に再び生命がよみがえる喜びを表したものと言われているようです。
 
何故子供たちが卵を探しに行くの?
復活祭直前の聖木曜日にキリストが十字架にかけられ、処刑されたのが翌日の聖金曜日。
この3日間は、鐘をなさらないとされています。
「鐘が復活祭の卵を探しにいって、戻ってきた鐘は、卵を庭に隠しばらまく。」と言われ、子供たちは、それを信じて復活祭の日曜日に隠された卵を探すのが行事になっているのだそうです。
ですから、”卵”のチョコレートだけでなく、”鐘”のチョコレートも出回ります。
”ウサギ”も”魚”もありますね〜
 
子供たちは、お天気が悪いとがっかりです。
窓から外ばかり眺めていると、かわいそうになります。
 
コンサートも同じですね。
天気ばかりは仕方ないですが、コンサート当日雨だと本当にがっかりです。
 
特に弦楽器は悲劇です。
音程が定まりにくくて・・・
 
以前、横浜フランス月間主催コンサートの折に、会場のベーリックホールの洋館は、日中は洋館の訪問客のために、雨の中開けぱなしで公開していましたので、大雨の中ピアノの調律をして頂いても、一時間もすると湿度85%!、すぐ音程が狂ってしまいました。
SOSで知り合いの調律師さんに連絡を取って、開演ギリギリまで、また休憩時間にも応急処置で音程合わしに奮闘して下さいましたお陰で何とか終演まで大丈夫でしたが、あの時は驚きました。
生まれてはじめての経験でした。
 
ヨーロッパの乾燥地帯でのコンサートは、そういう心配はありませんが、日本の梅雨時のコンサートは、あれ以来心配になります。
 
7月のサマーフェスティバルの3日間がお天気であって欲しいと、今から祈っています。
 


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

links

mobile

qrcode

selected entries

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

recent comment

  • ゴールデンウイークの過ごし方
    ゆみこ
  • 残暑お見舞い申し上げます!
    みっくみく
  • レ・クロッシュ リサイタルを終えて!
    ゆみこ
  • 「マタニティフェスタ」で・・・
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    ヨーロッパ アーティスト
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    miho
  • スカイプ電話で安心!
    fuyu

archives