仏学校のおはなし!

 
昨日は「おひな祭り」の話でしたので、フランスの学校の続きを少し・・・
 
フランスの学校は、クラスによって勉強している事が違うので、クラス替えがあると足並みを揃えるのが大変です。
クラス替えになるとあるクラスから来た子たちは「二桁の掛け算」をしていて、あるクラスから来た子たちはやっていない・・・
日本では考えられない事でしょう?
 
そこで、丁寧な先生にぶつかったクラスは、もう一度説明してくれますが、1人でも昨年度にやっているともう説明なしでどんどん先に進んでしまう先生が多いのです。
 
自力で理解していく子が優秀とされ、説明不足のためについてこれない子は「落第」が待っています。もちろん能力がついてこれない子のための「落第」制度です。
 
先生も理解できない子は無理に進級する必要もなく、その子なりにゆっくり上がってくればいいからあせらないで何度でもやればいいのよ、って考えているみたいです。
軽蔑したり呆れたりはしません。
”人間は1人1人みんな違うのよ”、というところから教育がスタートしているので、とてもいいと思っています。
 
新一年生になってはじめのクラス懇談会があった時の事です。
日本だったら、1年年上の落第生の親として参加した場合は、ちょっと恥ずかしくて隅で小さくなっていると思いますが、そのお母さまは、「私の息子は去年も1年生をしましたが、今年も1年生をもう一度しますので、もし学校で分からない事があったら1年先輩の息子に何でも聞いて下さい。頭はよくないかもしれないけれど、人の世話は好きでいい子なんですよ。」と、クラスの懇談会で皆に息子さんの事をアピールなさったのです。
はじめての懇談会でしたので驚きました。 
そうすると、周囲から「それは有難いわ。うちの子をよろしく!助かるわ〜」ってあちらこちらから声が掛かってきて、そのお母さまはクラスのスターになってしまいました。
 
「今はクラスの懇談会ですので、勝手な私語はお止め下さい。」と担任の先生はおっしゃるのかと思ったら、「みんな頼りましょうね〜」ですから、ちょっと面喰いました。
でも、何かとてもさわやかでいい気持ちになって帰宅した事を覚えています。
これだったら落第生も憂鬱にならずにすみますよね〜
 
「人種の違い」って片付ければ簡単ですが、国々で色々な考え方があり、何でも長所と短所があります。
こちらから見れば長所に見えるけれど、反対側から見れば短所に見える。
 
世界の人々から「これは学ぶべきだ」と思う事はどんどん吸収したいと思っています。
私は世界の人たちを観察するのが大好きです。
アメリカ、ロシア、東欧に行っても文化や歴史、そして自然の美しさだけで満足するのではなく、じっくり人を観察して、彼らの考え方とか行動かをじっくり眺める事が大好きなんです。
ホテルのレストランでの会話や行動、道路ですれ違う人、駅ホームや停留所で人間を観察するのは本当に楽しいものです。
この国の文化や伝統が自然に分かってきたりします。
ヨーロッパでもゲルマン民族とラテン民族は全く違いますし、フランスでも南仏と北仏では人間の性格や雰囲気、考え方も違います。
大陸が続いているというのに・・・???
 
世界の見聞を広げて、自分はどう考え、何を反省して変えていったらいいか、という事がよく分かります。
地球儀の上に立って考えると気持ちが大きくなれるような気がします。
 
それが各国の音楽の伝統的なところまで通じるものがあるのですから本当に面白いですね。
 

ひな祭り

 
3月3日はひな祭りです!
 
ひな祭りは、女子の「人形遊び」と「節句の儀式」が結びついて出来たようです。
男雛と女雛が関東雛と京都雛では並ぶ位置が違うという事をご存知ですか?
関西出身の友人の家に行った時に、反対なので間違えて飾っていらっしゃるのかしら?と思ってしまった事があります。
その事を親切に言ってあげようか迷いましたが、言わなくてよかったです。
 
おひな様には、桃の花、白酒、ちらし寿司、鯛に蛤…というイメージですが、とても優雅で素敵な行事ですね。
 
おひな様は3月3日過ぎてすぐ片付けないとお嫁に行くのが遅くなる、と言われていますが、これは迷信ですね・・・
海外にいますと、おひな様のような日本の美をとても長く楽しんでいたい、と思う気持ちがあるのと、日本びいきの仏人が3月は「日本の女子の月」という事を知っていて、毎年とても楽しみにして下さるので中々片づけることができません。
皆を喜ばせてあげましょう、と思うと長く飾ってしまいます。
おひな様を片付けてしまってからも、遊びにいらっしゃると、キョロキョロ家の中を探したりしています。

そして、お砂糖の甘さが大好きなフランス人ですから、「雛あられ」はとても人気があります。
ちらし寿司も好きな方が多いです。
ヨーロッパ中で「寿司」ブームですからその影響もあるでしょうね。
このような素敵な行事はずっと大切にしたいものです。
毎日が忙しい現代だからこそ心の豊かさが必要だと思います。

ひな人形の顔を1人ずつじっと見ていると、お内裏様やお雛様、三人官女、五人囃子のそれぞれ一人一人の顔の表情から色々な事が伝わってきます。
不思議ですが、性格までもみえてくるようです。
 
気持ちにゆとりが持てるってとても幸せですね。
今日は、「ひな祭り」を歌って楽しい時間をお過ごしましょう〜

フランスの教育って?

 
昨日はバカンスの話を致しました。
 
日本の人たちにフランスのバカンスの話をすると、「うわ〜休みが長くていいな〜」とか「うらやましい〜」とか言われますが、学校がある時期は縛られる時間が長いので、皆に思われている程楽ではないです。
 
まず幼稚園開始は2歳からですが、お帰りは午後4時です。(昼寝時間も含めてですが・・・)
日本だと幼稚園に通う時期からスイミング、ダンスや音楽教室に習う子たちが多いですが、小さい時は午後4時にお迎えに行き、帰ってくると疲れてしまいますから、習いごとは学校に上がってからがほとんどです。
そして、CP(小学校1年生)からも午後4時まで授業があり、中学年〜高学年になると、午後6時まで 授業がある日が多く、学校の宿題はとても多いです。
小学3年生ぐらいでも、17世紀の劇作家モリエールの作品の一節を暗唱させたり、仏独自の教育法もあります。
芸術作品をまず暗唱させる、というのが国語(仏語)の基本になっています。
詩の暗唱も毎週一つはありますが、詩の暗唱はいつも宿題ですので、記憶力が優れていない子にとっては厳しいです。
 
フランスは、「天才を待つ国」とよく言われますが、日本の教科書よりもどの教科も3〜5倍ぐらいの厚さがあって、一年間に全部するわけでもなく、先生のやりたいところから適当にやっていきます。
ですから、毎年4月のイースターのバカンスが過ぎると、先生は大慌てでどんどん進めていきます。
この時期は日本の3学期にあたりますが、教科書の半分以上が残っているのでこの時期に挽回します。
 
音楽学校(コンセルバトワール)も体操教室も一斉に同時期に試験がありますから、子供にとっては復活祭の休み明けは地獄のような日々が続きます。
でも、そのあとはとにかく2ヶ月のバカンスだ!、と思うからやれるんだと思います。
子供でもこの時期は目の下にくまを作って、頑張っています。
 
これに乗れない子供たちは、落第する事になってしまうんです。
 
今日はこの辺で・・・
「落第」のお話は次回に!
 

バカンスの過ごし方!

 
今日から3月です!
 
2月は28日しかないとちょっと損したような気分になります。
日本は3月が年度の最後で桃の節句や卒園式、卒業式と行事が多くて慌ただしい時期ですね。
 
ヨーロッパの学校は皆さんご存知のように、9月からスタートです。
そして、フランスの場合は夏のバカンスが長いので、6月の終わりで一年が終了します。
昨日、今は「カーニバルのバカンス中」と書きましたが、フランスには、2月の他、4月にはPaques(イースターの事を仏語で”パック”)のバカンス(休暇)、10月のToussant(トゥッサン)の秋休み、12月にNoel(クリスマスの事を仏語で”ノエル”)のバカンスがが約2週間あり、それと夏のバカンスが7月と8月の2ヶ月間あります。
 
25年前に渡仏した当時、「夏休みは分かるけれど、何故6週間学校に行くとバカンスがあるんですか?」って質問した事があるんです。
そしたら、フランスの友人は、「日本人はどうだか知らないけれど、フランス人は心身ともにそう強くないから、6週間に一度は体を休めないと病気になってしまうのよ。」って答えてくれました。
フランス人の方が、肉をモリモリ食べて、体力は日本人よりあると思うけれど???
 
今思うと、バカンスの前には必ずテスト週間になっていて、「この時期は大変でも、これが終わればバカンスなんだ!」って毎回思いながら頑張るのって、精神衛生上いいように思います。
ずっと走り続けるよりも節目節目で休息が取れるのはいい事ですよね。
 
成績優秀な4ヶ月後に入試を控えている受験生が、「バカンス中はニースの別荘でゆっくり休息とってきま〜す。」とウキウキ気分で言います。
私は、「確か今年受験生よね。」って再確認。
別荘には一切勉強道具は持っていかないとの事。
「友人たちも皆そうよ。バカンスなんだから当たり前じゃない!でもパリに戻ってからは勉強が忙しくなりそうだから、そのためにも美味しいもの沢山食べて優雅に過ごしてこないと!」と平然と答えます。

自分だけ”フランスの伝統”のルール違反をしようとはしないのですね。
生まれた時からずっとこの体制だからなのだと思います。
親も「この時期は家族でのんびり勉強を忘れて遊びなさい。」って言っているんです。
これがフランスの伝統なんです。
私もフランス人と同じぐらい遊び方は上手だって思っていますが、受験の時はさすがに別荘には遊びに行けなかった・・・
 
フランスの生活はそんなに裕福なはずはないのですが、それでも1人1人の心の中はかなり優雅そうで、いつもハッピー気分が詰まっているんですよ。
隣近所の人も、「バカンスを楽しむために働いているんだから!」と胸張って言います。
 
日本人もこういうゆとりある生活ができると、もっと明るく生きられますよね。
忙しすぎて、そういう事をゆっくり考える余裕そのものがないのかもしれませんが・・・

日曜日の過ごし方・・・

 
今日は日曜日です!
 
日曜日はゆっくりお休みしましょう〜
 
ヨーロッパの人たちは、週末はゆっくりするので、楽器も中々弾けないところが多いです。
音楽留学生で、一年に10回近く引っ越しした人がいましたが、いつも騒音の問題です。
 
それは、週末に音を出す事を禁じる大家さんが多いからです。
休日は静かにしていたい人が多いようですね〜
 
平日の昼の0時から2時間、夜は6時以降、土日は休日なので一切音出しをしないで下さい、って言われてしまうと、音楽学生や音楽家に取ってはそこには住めません。
即引っ越しです。

今はフランスのパリ地区はカーニバルのバカンス中ですが、ピアノを習っている生徒の中には、バカンス中は家で勉強も習い事のピアノも絶対にしない、と決めている家庭も多いです。
私の生徒たちはほとんどそうです。

夏のバカンスは2ヶ月もあるでしょう。
9月に新学期がはじまってピアノレッスンが開始になってもすっかり忘れてしまっていて、7
月時点のレベルに戻すのに1ヶ月掛ることもあるんです。
仏家庭は、休みは絶対に遊ぶことしか考えない、って決めているところが多いですが、これはフランスのバカンスの過ごし方の伝統なのですね〜
リフレッシュし過ぎですが、9月は生き返ったみたいに活き活きしていますよ。

少しは日本人も真似た方がいいところもあるかも・・・
 
では、楽しい日曜日をお過ごし下さい!

みんなみんな頑張りました!

 
このところ、毎日女子フィギュアの話題を書いていますが、フリ―が終わりました。
 
みんな精一杯プレッシャーの中でよく頑張れたと感心しています。
このような試練は必ず大きな励みになり、益々魅力ある人間に成長すると思います。
 
キム・ヨナはやはり凄い!
技術、表現、精神力すべてが備わっている人なのだとつくづく思いました。
韓国の期待に答えられて本当によかったですね。
 
真央ちゃんも念願のトリプルが確かなものになって本当に万歳!です。
不調の時から考えると安定した素晴らしい演技が出来て、確実なトリプルアクセルが出来ましたし、ファンたちは満足だったことでしょう。
 
これから真央ちゃんが人間としてどのように成長していくかがとても楽しみです。
悔いが残ってしまって笑みを浮かべないのは自分の気持ちに正直なのだと思いますが、美姫ちゃんに笑いがない時は応援してくれたファンに申し訳ないという気持ちからだという事が分かります。
 
4年前の安藤美姫ちゃんは、4回転ジャンプにばかり捕らわれて転倒から崩れての15位からここまで大きく人間と成長した事を嬉しく思います。
人間は、”挫折”が必要なのだとつくづく思いました。
「1人の選手として誇りを持ち、今回は日本人というものを忘れずに頑張れた!」と胸を張ったそうです。人間として輝きを持っています。
 
ロシェットの事は昨日書きましたが、素晴らしかったです。
やっぱりお母さまがちゃんとロシェットを支えてくれました。
本当にこれでお母様も大喜びしてくれましたね。
 
鈴木明子ちゃんも幸せそうでした〜
明るくて溌剌として見ていて気持ちいいですね。
大きい舞台で堂々と演技出来て凄かったと思います。
 
若き選手たちが底しれぬパワーを発揮し、日夜精神面を鍛えながら自分の技術と表現に磨きを掛けている。
これって本当に人間としてとても美しい姿なのだと思います。
 
音楽家も同じですよね〜
技術と表現と精神面を鍛えて頑張りましょう!!!

涙!

 
昨日は、フィギュアSPの話題の中で、カナダのロシェットの事は触れませんでした。
それは、彼女の事を一行では語れないと思ったからです。
ロシェットの涙の中にはいっぱいの想い出と母への愛しさ、精一杯頑張った自分の肉体と精神力への感謝と感激!・・・色々詰まっていたんでしょうね。
 
「一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなく、われわれが与えたものである。」という文章をふと思い出しました。
これは、故三浦綾子さんの「氷点・続」に引用されていた ジェラ―ル・シャンドリーの文章ですが、ロシェットもお母さまからたくさんの宝物を与えてもらって、今の彼女があるんだと思います。
お母さまもロシェットの演技に満足して微笑みかけている事でしょう。
親子の心と心の絆はオリンピックの順位とは別物です。
 
与えられたものを感謝して受けるのも”愛”なんだと聞いた事がありますが、確かにそうだと思います。
自分の人生を与え尽くす人生に出来たなら、どんなに素晴らしいことでしょう。
 
ところで、「泣く」という現象、目から涙が溢れるのはどんな時でも一緒ですが、赤ちゃんがおっぱい欲しさに泣く、子供がころんで泣く、という事と、大人が悲しくて泣く、苦しくて泣く、また嬉しくて胸がジーンとして泣く、時と場合によって流す涙の意味は違います。
塩加減はどうだか知りませんが、何か涙の中の成分が違いそうですね〜
涙に色があって、その時に応じてのカラーの涙が出るとすると何十種類もの色になりそうです。
 
現在の人には特に「泣く」事が必要だと思います。
それはストレスがたまっていて、人生に苦しんでいる人が多いからです。
 
泣く事がストレス解消に役立つと言う事が研究で実証されています。
血液中のストレス成分を調べた実験で、タマネギでの涙はストレス成分が増えたけれど、感情で涙を出した場合は大幅に減ったとういう研究結果で分かるように、泣く事が必要なんです。
 
「男は、親の死に目以外は泣くべからず!」っていうのは、”強く生きよ!”という意味なのでしょうが、実際には、泣く事で色々な自分の心の動きが整理されて、次の活力になると思います。
 
日本人は我慢強い方が美徳とされているから、西洋人のように喜怒哀楽を表に出す事が少ないかもしれません。
フランスに渡った時は、何と表現豊かで素敵な人種なんでしょう〜って感激したものです。
でも日本人ってとても繊細で、内面で感じる能力が素晴らしいと思います。
心がとてもデリケートで美しいです。
音楽にはすべての要素が必要なんだ、と感じるようになりました。
そういう日本人のような人種を感動させるためには、演奏家自身のハートの中に与えるものが沢山つまっていなければ心を動かす事ができない、という事なんでしょうね。
 
では今日はこの辺で〜

SP頑張ったね!おめでとう!

 
今日の話題は、やはり女子フィギュアスケートSPですね!
頑張りました!!!
 
思いっきり自分の思い通りの演技が出来た時の笑顔って最高ですね!
とにかくフリ―のためにコンディションを整えて、五輪出場の幸せを体で感じて、納得のいく素晴らしい演技が出来る事を心から祈っています。
 
まずは自分の演技を自分自身で満足出来て、それを観ている観客も心から満足して、審査員が自分の演技に対して評価してくれる、これが最高なんですが、水ものですから、その時のコンディションで100%上手くいくとは限りませんし、時には自分の思い通りの評価に結び付かない事もあると思います。
 
思い通りにいかなくてがっかりする事もあるでしょうが、それでも観客に生きる喜び、感激して胸が熱くなる人が1人でもいれば、それはやった甲斐があったのです。
みんなみんな自分の選んだ道を迷わず挫けずに頑張って欲しいですね。
 
日本勢を応援しながらも、キム・ヨナの韓国の「国民の恋人」としての重圧を考えると、気の毒で心が痛みます。「金」より「自由」が欲しい、というのはキム・ヨナの今の本当の気持ちなのでしょうね。
 
ここからは「音楽」の話です〜
 
子供時代は日本で沢山の賞をもらって生き生きしていた子が、海外に留学してから抜け殻みたいになってノイローゼになる人もいます。
「ノーミスで弾いたのに受験に落ちてしまった!」と不満をぶつけて相談を受ける事があります。
 
その子は「上手に弾けたのに東洋人だと思って馬鹿にされた!」と決めつけてしまっています。
 
これがスピードスケートのようにタイムを競う競技であれば、評価は簡単ですが、その後試験監督になられた教授に直接試験の状況を聞いてみますと、”その子に将来性があるかどうか”と言う事が一番ネックになるとおっしゃいました。
先生と一緒に仕上げたコピー演奏は聴いていてすぐ化けの皮が剥がれるし、いくらノーミスでも中身のない演奏は感激はしないよ、とおっしゃいました。
 
「ピアニストではなく演奏家にならなければダメだよ!」とヨーロッパの先生はおっしゃいます。
それはピアノを弾くという事に夢中になって、心をどこかに置き去りにしないで、本当の音楽家にならないと本当の意味でのピアニストにはなれないよ、って言う事なんです。
 
楽器を上手に弾くために相当な時間を掛けて訓練しなければなりませんが、指訓練に夢中になり過ぎて心をどこかに置いてきてしまう人がいるからなのでしょうね。
 
自分の好きな楽器が弦楽器、木管楽器や金管楽器又は声楽でも同じです。
楽器と向かい合って楽器と相談し合いながら「こういう音を出したいと思うんけれどちょっと協力してくれる?」っていう気持ちで練習すると不思議と自分の目指している音に近づいてくるような気がしますし、確かに進歩がみられます。
 
「練習」とはスポーツでも音楽でも時間が掛かるし根気が要ります。
でも、自分の向かい方一つで道は開けてくるようにも思います。
 
練習とは指練習だけではなく、外界から受ける教養、幅広い興味と趣味も必要です。
練習とは別に、人間愛、思いやり、友情、感謝、親切、平和を願う気持ち、相手を思いやる優しい気持ち、自然界の美を感じる心、そして笑顔と笑いと遊び・・・これらすべてが演奏者の音となって現れるのだと思います。

自然を愛している人は概して綺麗な音色を出してくれます。
親や兄弟姉妹の親族愛と親族を労わる気持ちも必要な気がします・・・
親に甘えるというのではなく、家族や親族が一丸となって一致団結しないとコンサート活動は結構難しいかも・・・
 
今日はこの辺で〜
 

思いやりの精神で!

 
皆さんは、音楽の力で慰められたとか気持ちが落ち着いた、とかいう経験はおありですか?
 
「言葉で慰めてもらっても中々心が癒されなかったけれど、音楽を聴いた途端にパワーをもらえて前向きになれたわ。」と言う人がいましたが、時には言葉よりも音楽は心の奥まで浸透して、ハッピーな気持ちになれて、パワーをもらえることもあると思います。
 
あるコンサート企画の主催者さんが、「朝日マリオン」という朝日新聞のコンサート案内に「コンサートの招待券を3組にプレゼントします。」と掲載依頼をなさられたそうなのです。
そしたら何と、1000通近い葉書が届いたそうです。
 
そのお葉書には、色々熱心にコメントを書いて下さる方、絵を描かれている方、皆さん一生懸命書かれているそうですが、そこで主催者さんは何を思ったか・・・「そんなに演奏会行きたいんだったらチケット買ってよ〜」って心の中で叫んでしまった・・・とあります。
無料に群がってしまう世の中がとても悲しく思えました、と思うお気持ち、とてもよく分かります。
コンサートに注目して下さる事はもちろん嬉しいですが、コンサート活動が厳しいものだと言う事、アーティストを国全体で支えてあげないと折角素晴らしい演奏を奏でるアーティストが生活苦のために滅びてしまいます。
 
不景気からくるものだと思いますが、アーティストは神様ではありません。
皆さんと同じように衣食住を営める生活があって、演奏にも磨きが掛かります。
文化向上のためには支え合っていかなければ難しいと思います。
 
今の世の中、皆さん疲れていますから心身ともに癒す事、頭をリフレッシュ出来る事を望んでいる人は多いと思います。
それの効用のために音楽の力は大です。
世の中を明るくするため、生き生きした活気のある生活をするために音楽の力をもらう事が必要です。
 
思いやりの精神で、アーティストの身になって考え、聴衆の身になって考えられるようなコンサート活動に貢献したいと思っています。

では今日はこの辺で・・・

がんばろう!

 皆さん、お元気ですか?
昨日は「ヨーロッパ アーティスト」の発足について書かせて頂きました。

これから時間のある時に綴っていきますので、少し間が空いてしまう事もあるかと思いますが、マイペースで型にはめないで気楽にやっていきたいと思いますので、お付き合い下さいね。

音楽に対する考え方、演奏会の在り方、アーティストの芸術に対する向かい方、主催者のアーティストに対する思いやり・・・色々考えて改良していきたいと思っていますが、何をするにも時間の掛かる事です。

しかし、過去は変えられないけれど、未来は変えられるはずです。

諦めないで、くよくよせず、自分がやりたい事、思っている事、改良していきたい事、21世紀の人たちに”音楽”が一番必要だと思っている私ですから、未来を見つめながら、少しずつ前進あるのみ!
で頑張っていこうと思います。

某音大の先生の下で勉強を積み、音大に入学して希望に満ちてその先生のレッスン室に行くと、生徒の気持ちを湧きたたせてくれるのではなく、前進するように導いて下さるのでもなく、「音楽家の道は厳しくお先真っ暗、まず演奏家には一握りの人しかなれないし悲惨な人生なのよ。」と話して聞かせ、生徒たちはみな入学した途端しぼんでしまっている、と話してくれた音大生がいました。
折角念願の希望校に入ってもそれではあんまりです!
現実は厳しく、早く実態を明らかにする事も必要なのかも知れませんが、将来を暗く考えるよりも、頭では色々な事を不安に思っていても自分自身が元気でいなければ、演奏にそれが反映されてしまうと思います。

「現実は厳しく大変な道だけれど、みんな未来に向かって頑張れば必ず音楽やっていてよかった!って思える日が来るから頑張ろうね!」って言ってあげた方がその子の音楽が生き生きしてくると思います。

若い子たちにもっとパワーが持てるような教育、そして先生も諦めないで、どんなに険しくても素敵な「音楽の道」を選んだわけですから、立ち向かって生徒が歩ける道を作ってあげられるようでなければいけないと思います。

口で言うのは簡単で、これがどんなに険しい道なのかは知っていますが、生徒たちは先生を頼って先生を信じているわけですから、大先輩がそういう発言をすれば、もっともっとしぼんでしまうでしょう。

皆さん、未来に向かって、胸を張って夢持って頑張りましょうね!



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links

mobile

qrcode

selected entries

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

recent comment

  • ゴールデンウイークの過ごし方
    ゆみこ
  • 残暑お見舞い申し上げます!
    みっくみく
  • レ・クロッシュ リサイタルを終えて!
    ゆみこ
  • 「マタニティフェスタ」で・・・
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    ヨーロッパ アーティスト
  • サマ―フェスティバルに向けて頑張ろう!
    miho
  • スカイプ電話で安心!
    fuyu

archives


ページトップへ戻る